メニュー

とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひとは

正式には伝染性膿痂疹といいます。細菌による皮膚の感染症です。すり傷や虫刺されの後、湿疹、あせもなどをひっかいたところに細菌が感染して発症します。容易に接触によってうつって、火事の火の粉が飛び火するようにあっという間に体のあちこちに広がることから、一般には「とびひ」とよばれています。とびひは、黄色ブドウ球菌(以下黄ブ菌)が原因で水ぶくれができるタイプと溶血性連鎖球菌(以下溶連菌)が原因で厚いかさぶたがつくタイプに分けられ、小児では大部分が前者です。

症状

黄ブ菌タイプは、小児に好発し、汗の多い初夏から真夏に多くみられます。黄ブ菌は、健康な人の皮膚、鼻の入り口の粘膜、手指の爪先に常在している細菌です。すり傷や虫刺されの後、湿疹、あせもなどをひっかいてできた傷から黄ブ菌が感染すると、表皮剥脱毒素を出してかゆみを伴った水ぶくれができます。この水ぶくれは非常に薄くて、破れやすいので、破れた後は赤くただれた状態となります。一方では、かきむしって破れた水ぶくれ内の細菌が飛び散り、その周辺や体の別の部位に次々と新しい水ぶくれを作りながら広がっていきます。鼻を触る癖があると、鼻の周囲からとびひが始まることがよくあります。
溶連菌タイプは、年齢、季節に関係なくみられます。溶連菌は、健康な人の鼻の入り口の粘膜やのどにくっついているため、すり傷や虫刺されの後、湿疹、あせもなどをひっかいてできた傷から溶連菌が感染すると、膿をもった小さな水ぶくれができ、それがつぶれて厚いかさぶたを形成します。黄ブ菌タイプと異なり、発熱、リンパ節の腫れ、時に咽頭痛などの全身症状を伴うこともあります。このタイプは、しばしば溶連菌だけでなく黄ブ菌が同時に感染していることがあります。

治療

軽症で感染範囲が広くない場合は抗菌薬の軟膏を塗りますが、全身に広がるような場合は抗菌薬の塗り薬に加え抗菌薬の内服を併用します。かゆみが強い場合は、かいてとびひが拡大しないようにかゆみ止めとして抗ヒスタミン薬を用います。とびひや鼻の入り口を触った手により体のあちこちに広がるため、手をよく洗い、爪を短く切って、ひっかいたりして皮膚に傷つけたりしないようにします。原因となる菌を減らすため、入浴して皮膚を清潔に保つことが大切です。病変部はこすらず、石けんをよく泡立て、泡でていねいに洗い、シャワーでよく洗い流します。入浴後は、滲出液などが周囲に接触しないように、抗菌薬の塗り薬をつけ、ガ-ゼなどの保護処置が必要です。タオルや衣類を介してとびひがうつることもありますので共用しないようにします。

合併症

黄ブ菌が原因となるとびひでは、黄ブ菌の毒素が血液に入るとブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群が起こることがあります。合併症というより、とびひの重症型と考えられ、入院して抗菌薬の点滴などの治療が必要です。
溶連菌が原因となるとびひでは、治って2~3週後に腎炎を起こすことがあります。

登園・登校はいつから

他の園児・学童にうつす可能性がありますが、治療中で病変部をガ-ゼや包帯できちんと覆って露出しないようにすれば、通常は学校・幼稚園・保育園は休ませる必要はありません。肌と肌が接触するプールでの水泳は、病変の接触によって感染しますので、すっかり治るまで禁止です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME