メニュー

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナとは

発熱、口腔粘膜に現れる水疱性の発疹を特徴とした急性のウイルス性感染症です。乳幼児を中心に夏季に流行する夏かぜの一つです。病原ウイルスは主にコクサッキーウイルスA群(CA2、CA4、CA5、CA6、CA10等)である場合が多いが、まれにコクサッキーウイルスB群、エコーウイルスで発症する場合もある。飛沫感染や唾液を介した接触感染によって感染します。

症状

感染してから2~4日後に、突然の発熱に続いて38℃~40℃台の高熱が2~3日続き、咽頭痛が出現、咽頭の発赤とともにのどの奥に1~2mmの小さな水ぶくれが出現する。水ぶくれがやがて破れて浅い潰瘍となる。このため、食べられなくなったり、ひどいときは水分も飲めなくなり、脱水症になることがあります。嘔吐や腹痛を伴ったり、ときに熱性けいれんがみられます。発熱は2~4日間程度で解熱し、やや遅れて粘膜疹も消失する。

治療

特異的な治療法はなく、発熱や頭痛に対する対症療法が中心となるが、時に脱水に対する治療が必要となることがある。口の痛みが強くて水分をあまり飲まないとき、高熱が3日以上続くとき、元気がなくぐったりしているときはもう一度受診しましょう。

登園・登校はいつから

発熱や口腔内の水疱疹の影響がなく、食事かできれば登園・登校は可能です。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME