メニュー

咽頭結膜熱

咽頭結膜熱とは

とくに学校、幼稚園、保育所で夏プールなど介して流行を認めることがあるため別名「プール熱」とも呼ばれています。高熱、結膜炎、のどの痛み、胃腸炎の症状があるのが特徴です。初夏から秋にかけて多い夏かぜの一種ですが、1年中感染します。アデノウイルスが原因と言われています。1〜2歳を中心に低年齢層に多くみられます。飛沫感染や唾液を介した接触感染によって感染します。

症 状

アデノウイルスが感染してから2日~14日で発症し、その病名の示すように38℃~40℃台の高熱、のど(咽頭)と目(結膜)に症状が出ます。のどが腫れて痛み出すと同時に結膜炎を起こし、目の充血、目やにがでることがあります。目がショボショボする、まぶしがるといった症状と前後して突然38℃~40℃台の高熱が出ます。熱は朝やや下降し、昼から夜にかけて上昇することが多く、発熱は2日〜7日間続きます。この他頭痛をはじめ、咳や鼻汁などの呼吸器症状、嘔吐や下痢などの消化器症状もみられることがあります。

診 断

のどの痛み、目の充血、高熱などの症状がそろっていれば診断は容易ですが、高熱だけで結膜炎を欠く場合は、他の感染症との区別は困難です。ウイルスの迅速診断キットが普及し、患者さんに少ない負担で迅速な診断ができます。

治 療

アデノウイルスに直接効く薬はないので、治療は対症療法になります。目やにがひどいときには、ぬらした清潔なガーゼなどでこまめにふき取ってあげましょう。細菌の二次感染防止のために抗菌剤入りの点眼薬を使うこともあります。発熱は2日から7日間続きますが、その間のケアはかぜのときと同じです。1週間ほどで軽快しますが、のどの痛みが強いので脱水に気をつけましょう。アデノウイルスは咽頭、目、便から排泄され、症状がなくなってもウイルスの排泄は2〜3週間続きます。このためタオルや洗面器は家族とは別なものにし、オムツ換えのあとなどは石けんでよく手を洗いましょう。

登園・登校はいつから

主な症状が消え2日経過してから登園・登校可能です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME