メニュー

手足口病

手足口病

手足口病とは

手足口病は、その名が示すとおり、口の中および手や足などに水疱性発疹を主症状とした急性ウイルス感染症です。コクサッキーA16(CA16)、CA6、エンテロウイルス71(EV71)などのウイルスが感染し3~6日後の水疱性の発疹が出現します。夏~秋によるみられますが、ときに冬に流行することもある。飛沫感染や接触感染によって感染します。

症状

水疱は、四肢末端、膝、臀部にみられます。口腔内では、頬粘膜、舌、口蓋などに出現する。原因ウイルスはコクサッキーA16、A10、エンテロウイルス71が主なものである。エンテロウイルス71が流行している場合は、ウイルス性髄膜炎などの合併症に注意しましょう。頭痛、嘔吐、発熱があれば再診する。ときに口のなかの痛みのために水分補給ができず、脱水症状を呈することがあり、輸液が必要となることもあります。熱がなく口内炎も軽症で食事ができ元気なら登園登校はできます。ウイルスは2~4週間便や尿に排泄されますが感染力は弱い。最近、コクサッキーウイルスA6型(以下CA6)による手足口病において、病後1から2ヶ月後に爪甲の脱落がみられることがあります。

治療

自然軽快する。口の痛みが強くて水分をあまり飲まないとき、高熱が続くとき、吐いてぐったりしているときはもう一度受診しましょう。

登園・登校はいつから

発熱や口腔内の水疱疹の影響がなく、食事かできれば登園・登校は可能です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME