プロバンサイン通販【販売中止でないショップ紹介】

プロバンサイン

プロスパス(ジェネリック)

 

 

 

 

 

プロバンサイン通販に関する説明

プロバンサインは海外通販サイトからネットで購入できますが、一部のショップでは在庫が確保できず販売中止となっているようです。現在のところ、オオサカ堂・オランダ屋・JISAなどの大手個人輸入代行サイトではプロバンサインをまだ通販可能です。5月ごろからプロバンサインの需要は高まるため、シーズン前に注文しておくことが推奨されています。

プロバンサインは、抗コリン薬として知られ、古くから使用されている薬です。胃や腸のけいれんを抑え、体幹の痛みなどの治療に服用されていました。最近では、膀胱や汗腺に対する強力な薬剤としての有効性が注目され、夜尿症や多汗症の治療薬として多くの方に使用されています。プロバンサインは、前交感神経を抑制し、消化管や内臓の筋肉のけいれんを抑えることで、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃炎、腸炎、膵炎などの消化器疾患による痛みや苦痛を緩和します。

日本では1953年から販売されている伝統的な抗コリン薬です。長い間、多くの人に愛用され、世界最大の前交感神経遮断薬として有名です。プロバンサインは多汗症だけでなく、胃・十二指腸潰瘍、胃酸過多、胃炎、腸炎、繊細な大腸炎、膵炎、幽門痙攣、夜尿症などの治療にも使用されています。交感神経はアドレナリンやノルアドレナリン、前交感神経は神経交換質量体であるアセチルコリンによって誘導される。このアセチルコリンは前交感神経から注入され、受容体に作用して胃や腸などを活発に活動させます。

不安や心配で汗をかきやすい人は、汗をかくとさらに緊張して、スピーチや人前での発表ができなくなる。また、大量に汗をかく女性は、化粧が乱れ、服が乾くと変色し、においも気になります。プロバンサインは、汗に関するさまざまな悩みを解決してくれます。多汗症といっても多種多様で、手のひら、腕の裏側、脇、顔、頭、お腹、伸展時などに大量の汗をかくことがあります。これらの部位に異常な発汗がある場合は、多汗症の疑いがあります。多汗症は、本人が不快なだけでなく、見た目も苦しく、生活習慣に支障をきたすことがあります。

7~8月は汗線が活発なため、多汗症の症状が気になる方も多いと思われます。プロバンサインは、暑い季節だけでなく冬でも使いやすい内服薬なので、1年を通して使用することができます。抗コリン薬で、神経対話であるアセチルコリンの実施を抑制することにより、体幹の痛み、夜尿症や尿失禁、多汗症に効果を発揮する薬です。また、胃酸の分泌を抑える作用もあるため、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療にも有効です。副作用として、目のかすみ、眠気などが確認されています。プロバンサインを服用している場合、やはり危険な機械の操作や車の運転は避けるべきです。

プロバンサインを飲むと抗コリン作用により、汗や尿などの体液の分泌が抑えられます。プロバンサインの有効成分である臭化プロパンテリンは、抗コリン作用(アセチルコリンと受容体の結合を阻害する作用)により、汗を抑制します。脳の指令を集積して強制的に抑制することで、多汗症を沈静化させます。

タイトルとURLをコピーしました