アレグラ 通販 チャレンジャー

アレグラ180mg

 

 

 

クラリチンジェネリック10mg

 

 

 

 

 

アレグラに関する説明(通販 チャレンジャー)

アレグラは、第2世代抗ヒスタミン薬(ヒスタミンH1受容体拮抗薬)に分類されます。第二世代抗ヒスタミン薬としてヒスタミン受容体への選択性に優れ、H1受容体拮抗作用以外の不要な作用を抑えることを目的としているため、口渇や排尿障害などの副作用が少ないのが特徴です。そのため、「口渇」「排尿障害」などの副作用はあまりないとされます。120mgのものが最もお求めやすく、60mgに切り分けて服用することで、コストと効果のバランスがぐっと良くなります。

アレグラとプラセボ(成分を添加していない偽薬)を用いて、車の運転、ダーティ・ステート・ジェネレーター試験、慟哭の腕相撲で、精神と運動の鋭敏さを対照比較しました。その結果、プラセボとアレグラの間に差はなく、アレグラを服用しても、車の運転などに多大な支障をきたさないことが確認されました。日中の睡眠が気になる方は、アレグラを夜寝る前に使用すると、仕事中に睡魔に襲われにくい状態で花粉症の症状を緩和することができます。

花粉体のどれかにアレルギーがある人は、その時に襲ってくる2週間前からアレグラを飲み始めると、花粉症の始まりの症状をセーブすることができます。もし、あなたが花粉体のどれかにアレルギーがあるのなら、花粉症が始まる2週間前からアレグラを飲み始めるとよいでしょう。第2世代の抗ヒスタミン薬は、脳に振り向くことが少ないため、眠気や口の渇きなどの好ましくない副作用を大幅に軽減することが可能です。アレグラはこの第二世代に含まれます。

実際の臨床試験では、アレグラをはじめとする多くの第2世代抗ヒスタミン薬に、少量の眠気が生じることが確認されています。ブタクサやカナムグラの花粉体は、手に負えない夏の間から木枯らしにのってたくさん飛散し、10月頃に花粉症の原因となります。秋の季節の花粉症は、毎年8月上旬から中旬がアレグラの初回投与時期です。抗ヒスタミン剤の場合、眠くなりやすいと薬の効き目が長持ちし、眠くなりにくいと薬の効きが悪いと言えます。また、アレグラは1月中旬から下旬頃に飲み始めると、5月を過ぎるごとに徐々にマイルドになっていきますが、それでも6月上旬までは服用が必要です。

アレグラは第2世代の抗ヒスタミン薬(ヒスタミンH1受容体拮抗薬)です。1週間に1回以上服用することが必要です。アレグラは、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎、湿疹などのアレルギー性皮膚疾患の治療薬です。ダニやハウスダストによる通年性アレルギー性鼻炎の緩和にも有効です。アレグラの有効成分はフェキソフェナジンで、日本ではアベンティスファーマ(現サノフィ)が販売しています。

有効成分フェキソフェナジンは、一連のアレルギー症状の原因物質であるヒスタミンを阻害し、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、眼球のかゆみなどの鼻炎症状を緩和します。また、乾燥や蕁麻疹などの皮膚のかゆみにも効果が期待されています。花粉症の薬の副作用と眠気は比例し、鼻炎を抑える力が強い薬ほど、眠気を催すようになっています。そのため、ジルテックなど強力な抗ヒスタミン剤は眠気を引き起こしやすく使用には注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました