メインテート 通販ノワール

ビセレクト5mg(メインテート・ジェネリック)

 

 

 

 

 

メインテートに関する説明(通販ノワール)

メインテートは、高血圧、心不全、頻脈性心房細動などの心臓の病気を下げる薬です。心臓に作用して、血液の拍動数を減らし、血圧を下げ、心臓の病気をコントロールする働きがあります。高血圧、狭心症、心臓や血管の状態を改善し、心臓の拍動を抑えて落ち着かせる効果があります。

メインテートの有効成分であるビソプロロールフマル酸塩は、心臓などに棲息するβ受容体に拮抗的に作用します。拮抗薬とは、受容体に結合することで神経のやり取りやノルアドレナリンなどのホルモンの働きを抑制する働きを持つモノを指します。メインテートのようにβ受容体を遮断する薬剤は、β遮断薬と呼ばれるものに加わります。

メインテートは、心臓を休ませ、血圧を下げる薬です。狭心症や不整脈、慢性心不全のほか、高血圧の治療にも利用されています。本態性高血圧症、狭心症、心室性期外収縮、不整脈の改善に効果があります。有効成分としてビソプロロールフマル塩酸塩が使用されています。メインテートの使用に適した疾患は、「高血圧症」「狭心症」、不整脈の「心室性期外収縮」「頻脈性心房細動」などです。

有効成分ビソプロロールフマル酸塩は、交感神経の過活動に関与するβ1受容体を阻害することで効果を発揮します。ビソプロロールフマル酸塩は心臓のβ1受容体に結合し、神経伝達物質のノルアドレナリンと競合し、ノルアドレナリンによる心悸亢進や心筋の収縮を抑制する作用があります。心拍を遅くすることで、送り出される血液の量を減らし、血圧を下げます。

メインテートは、高血圧や狭心症に対して、控えめながら効果を発揮するのです。また、この薬は即効性があるだけでなく、毎日継続して服用することで効果を発揮することができます。そのため、途中であきらめたり、急に中止したりしないよう推奨されています。ビソプロロールは交感神経β受容体遮断薬の仲間なので、心臓にのみ作用し、気管支にできにくいので喘息を誘発しにくいという特徴があります。特に、β1-アドレナリン受容体遮断に対する選択性が高く、循環器系疾患の治療に適しています。

メインテートジェネリックの「ビセレクト」(Biselect)は、インドのインタス・ファーマシューティカルズ社が大量に製造・販売している、高血圧症、狭心症、不整脈の治療薬です。高血圧症、狭心症(心臓に起因する胸痛)、不整脈の治療に使用されます。同様に、将来の心臓発作の抑制や偏頭痛の予防にも最適です。

β2受容体を遮断すると、血管の伸長を妨げるという理由から、血圧が上昇する可能性があります。また、気管支では、β2遮断は拡張を阻害することで喘息を引き起こすことがあります。β1受容体に選択的なメインテートは、β2遮断からこれらの不都合を遠ざけながら、高血圧や狭心症の改善を図ることができます。メインテートは、心臓の収縮力を低下させ、全体の脈拍の強弱を増加させます。また、心不全患者で亢進している交感神経系やレニン-アンジオテンシン系の活動を抑制する作用があります。

タイトルとURLをコピーしました