ノルバスク 通販エンペラー

ノルバスク10mg

アムリップ10mg(ノルバスク・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ノルバスクに関する説明(通販エンペラー)

ノルバスクは、酸素や栄養の豊富な血液を心筋に送る役割を担う冠動脈の血流量を増やすことにも有用であり、高血圧症だけでなく狭心症にも使用することが承認されています。ファイザーが発売している高血圧・狭心症治療薬の中で最も代表的なものです。有効成分はアムロジピンで、カルシウム拮抗薬に分類されます。

ノルバスクは、様々な血圧低下薬の中で「カルシウム拮抗薬」に分類されます。カルシウム拮抗薬は、現在でも最もよく使用されている降圧剤です。狭心症の場合、従来は成人の場合、主成分として5mgを1日1回服用するのが一般的でした。ただし、症状に応じて適宜増減されます。

血圧とは、心臓で血液が作られ、送り出される際に、動脈の内壁にかかる負荷のことです。血圧が高くなるのは、血液量の増加や血流にかなりの圧力がかかり、血管が一本ギュッと詰まることで悪化する大攻撃があった場合です。ノルバスクによって血管が広がると、血流が気持ちよくなり、血液や酸素の供与がスムーズに落ちていきます。また、血圧が急上昇することで、脳卒中や心臓病、腎臓病などの予防効果も期待できます。また、従来通り、心臓の収縮を抑え、心臓を眠らせる働きもあります。

ノルバスクの成分であるアムロジピンは、カルシウムが細胞に侵入するのを司る働きがあります。ノルバスク10mgは、有効成分アムロジピン10mgを応用した血圧を下げる薬です。高血圧や狭心症の治療薬として、世界中で非常に広く使われています。ノルバスクは、高血圧や狭心症の治療を行う薬です。主な有効成分はアムロジピンで、カルシウム拮抗薬と呼ばれる種類のお薬です。血管の締め付けを抑えることで、高血圧や狭心症の発作の再発を予防します。

ノルバスクが選択できる症例の多くは、遺伝や加齢現象と想定されるような特定の最大要因が特定されていない周知の血圧上昇(本態性高血圧)ですが、狭心症や糖尿病の症例でも深い降圧効果を発揮します。ノルバスクは、血液中の糖や脂肪の代謝に影響を与えないため、糖尿病や脂質異常症に伴う高血圧の治療にも使用することができます。ノルバスクの有効成分であるアムロジピンは、血管の萎縮を促進するカルシウムイオンの動きを局所的に抑制するよう働きます。血管バリアの筋肉群を構成する平滑筋細胞にカルシウムイオンが流入することで、血管が収縮します。

軽度から中等度の本態性高血圧の効率率は85.8%(544名中467名)です。高血圧症治療におけるノルバスクの通常用量について、544名中11名を対象に試験を行った結果、1日1回2.5mgまたは5mg錠が妥当と判断され、その成分量がジェネリックにも含まれています。ノルバスクは、高血圧症および狭心症の治療薬です。有効成分はアムロジピン10mgで、カルシウム拮抗薬に分類されます。優れた降圧効果と安全性から、世界的に最も主流な降圧剤となっています。

タイトルとURLをコピーしました