トリキュラー 通販net窓ロ

トリキュラー21

 

 

 

アイピル(アフターピル)

 

 

 

 

 

トリキュラーに関する説明(通販net窓ロ)

トリキュラーに含まれるエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)とレボノルゲストレル(黄体ホルモン)の2つの女性ホルモンは、妊娠するための組織に対して働きます。エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルが染み込むと、体内のセンサーが反応し、ホルモン分泌を調節する視床下部に掲示されます。視床下部は女性ホルモンの増加を察知すると、性的に挑発的なホルモンの分泌をセーブします。

トリキュラーは、1976年にドイツで誕生し、あたかも妊娠したかのようなホルモンバランスにすることで妊娠を予防します。日本では、1987年にバイエル薬品が開発し、現在、国内で最も処方されている経口避妊薬です。赤・白・黄の錠剤を服用することで、ホルモン分泌を正常に戻し、排卵を抑制して妊娠を防ぐことができるのです。

三相性低用量ピルで、28日間という時間の中で、順番に体内に挿入していくことで有効成分を徐々に増やしていくことができるのが強みです。ホルモンの均衡が今とは違う状態に変化すると、子宮内膜が巨大な厚さに成長できなくなり、受精卵が床で育ちにくくなります。トリキュラーがホルモンの組み合わせを変化させると、子宮の前門から分泌される粘液の粘度が増し、小さな精子の流れを保護することができます。

トリキュラーは、ドイツのバイエル薬品が製造開発した低用量ピルです。避妊薬としての効果に加え、ホルモン比率の補正、生理痛、貧血、生理不順の改善、更年期障害の予防などにも使用することができます。自然な形でホルモンバランスが整うため、副作用のリスクが少ないという利点があります。

男性の避妊法としてはゴムがありますが、女性が自分で体験する避妊法としてはトリキュラーのような低用量ピルが非常に有効です。女性自身が処方できるため、経口避妊薬による避妊は他の避妊法よりも比較的確実で、妊娠の心配もいつまでも低くなります。トリキュラー処方は、1999年に日本で初めて導入されました。それ以来、ほとんどの婦人科やレディースクリニックで購入できるようになりました。

体内のホルモン量を一定に保つ目的で、24時間ごとに服用することになっています。昼間のうち正午前、食前、食後は指定されていませんので、毎日、忘れずに飲める時間に飲むようにしてください。数時間のズレで影響が出ることはありません。トリキュラーの海外通販は日本でもお馴染みとなっており、まとめ買いできるため大変便利です。

タイトルとURLをコピーしました