アイピル 通販web窓ロ

アイピル(ノルレボ)アフターピル

ポスティノール(ノルレボ)2錠

 

 

 

 

 

アイピルに関する説明(通販web窓ロ)

アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルの緊急避妊効果は、ノルレボ錠の原薬の臨床試験で検証され、待ち望まれていたものです。臨床試験は、63人の女性たちに性交後72時間以内にノルレボ錠1.5mgを投与することから始まりました。臨床試験の結果、63人中62人の女性が緊急避妊に成功しました。この結果をもとに、妊娠抑制率(避妊が成立する可能性)が考案されました。

アイピルは、性交後に避妊を可能にするアフターピルです。性交後72時間以内であれば、高い確率で緊急避妊することができます。アイピルは早く飲めば飲むほど成功する確率が高くなるので、緊急時はなるべく早く飲むようにしましょう。アイピルは無防備な性交や避妊に失敗した後の意図しない妊娠を簡防ぐことができます。アイピルを通販で購入することで、いざという時にも焦らず、安価に緊急避妊を始めることができます。

アイピル(ipill)は緊急避妊薬で、ノルレボのジェネリック医薬品です。行為後24時間以内に服用すれば、95%の避妊効果があります。ゴムを装着して避妊対策を万全にしていたにもかかわらず、破れてしまったという経験をお持ちの方なら、おわかりいただけると思います。ゴム着用時の避妊失敗率100%は10%程度と言われています。ゴムが破れて、その中で行為をしてしまった場合、女性は次の生理が来るまで不安な気持ちになるのではないでしょうか。そんな時に望まない妊娠を控えるための処置として、緊急避妊薬(アフターピル)を使用することが挙げられます。

アイピルを使えば、産婦人科でアフターピルを処方してもらうよりもずっと安い費用で緊急避妊をすることができます。妊娠阻害率とは、妊娠してしまう人の数と、実際に妊娠してしまう人の数の比率を、あらかじめ目標化して計算した集計値です。アイピル(ノルレボ)の臨床試験における妊娠阻止率はおよそ81%であり、緊急避妊の効果が高いことがわかります。

一時的にホルモンの分散を変化させ、排卵を強制的に遅くしたり、排卵を起こさないようにしたり、受精卵の着床を阻害したりすると評判です。その結果、精子が体内に入って若い卵子と受精するのを防ぐため、性交後にタイミングを逸することなく避妊することができます。妊娠の見込みがない場合は、ゴムや低用量避妊薬、子宮心理的避妊具などの理論的避妊を行うべきですが、不測の事態はいつでも自由になると思って、すぐに服用できるようにIピルを手元に置いておくとよいでしょう。

I-pill(アイピル)は、安価で安全に緊急避妊を行うことができる方法です。避妊に失敗したときに、前もって深く飲めるようにする緊急避妊薬です。アイピルは、産婦人科で処方されるノルレボ錠と同じ成分なので安心です。新しいのに効果は同等で、しかも1回の服用で1,000円ほどと非常に安価なのが特徴です。

タイトルとURLをコピーしました