ルミガン ジェネクリ・公式

ルミガン(Lumigan)

ケアプロスト(ルミガン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ルミガンに関する説明(ジェネクリ・公式)

ルミガンを塗り始めてから早ければ1ヶ月、遅くとも4ヶ月後には、まつ毛は伸び続け、ふさふさとした状態になります。初回塗布後4ヶ月間は、効果を保護するために2日に1回ルミガンを塗布することができます。ルミガンの使用を中止した場合、約2ヶ月でまつ毛は元に戻ります。ルミガンはアラガン社製のまつ毛育毛剤です。

効果には個人差がありますが、ルミガンを使い始めてからほぼ1ヶ月ごとにまつ毛のゆらぎが気になり始める人が多いようです。最初の2~3ヶ月が終わるころには、ほとんどの方がまつ毛の伸びを実感されることでしょう。ルミガンは、まつ毛が少ないと思われる「まつ毛貧毛症」の治療にも使用できるまつ毛育毛剤です。有効成分ビマトプロストが配合されており、まつ毛を育てる効果が臨床試験で証明されています。

ルミガンは、現在ではまつ毛育毛剤として世界的に認知されていますが、もともとは緑内障の治療用点眼薬として考案されたものです。グラッシュビスタは、2014年に厚生労働省から初めて認可されたまつ毛貧毛症治療薬です。美肌科などの医療機関で医師から処方してもらうことができますが、保険適用外のため、1リング2万円前後と高価です。

ルミガンは、使用した緑内障患者のまつ毛に育毛効果があることがわかり、まつ毛育毛剤として普及したのが始まりです。その後、まつ毛育毛剤が発明され、その効果が証明されたため、まつ毛育毛剤として正式に採用されました。ルミガンは、まつ毛の育毛や増毛に効果があります。副作用としては、塗布した部分が元の色・ツヤから黒くなる、かゆみ、目の充血などがあります。

まつ毛のヘアサイクルの成長期を延長し、毛根を喜ばせ、メラニン生成を活性化させることで、いつまでも丈夫で黒々とした印象のまつ毛に仕上げる効果があります。今日からルミガンを使い続けると、約2ヶ月で効果を実感し始め、約4ヶ月で最大限の効果を発揮することができます。LUMIGANは美容目的だけでなく、特発性睫毛障害や癌などの化学療法による睫毛障害などの育毛・発毛にも効果があります。

ルミガンは緑内障の治療薬として誕生し、現在でも緑内障治療の代替薬として医療機関で使用されています。具体的には、有効成分であるビマトプロストが、眼球からの房水の排泄を延長し、眼瞼圧を正常に戻すことで緑内障を改善すると考えられています。ルミガンは、その実力が認められ、日本では美容クリニックなどの医療機関で処方されている医薬品です。医薬品として認可されていない市販の美容液よりも高い効果を期待できる商品です。

タイトルとURLをコピーしました