クロミッド ワールド通販

クロミッド・ジェネリック(Klomen 50mg)

 

 

 

メダナボル10mg(メタンジエノン)

 

 

 

 

 

 

クロミッドに関する説明(ワールド通販)

排卵誘発剤の有効成分であるクロミフェンは、まず脳の視床下部という部分に働きかけ、GnRHというホルモンの分泌を促します。視床下部を刺激してGnRHというホルモンを分泌させ、下垂体にある卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)の数を増やします。FSHは卵胞を採取して発育・成熟を促進する役割を、LHは排卵を促進する役割を担っています。LHは、排卵を促進する役割を担っています。クロミッドは、排卵誘発剤クロミッドと同じ成分であるクロミフェンのジェネリック医薬品です。先発医薬品のクロミッドよりも有効成分の含有量が多く、クロミッド1錠にクロミフェン100mgが含まれています。

エストロゲンが少ない場合、卵胞力の源となるホルモンを増やし、卵胞を成長させます。不妊症の治療にはいろいろな方法がありますが、この薬は高価ではなく、時間もかからないため、最初の治療として服用されることが多いようです。この薬を服用した女性の約75%~80%は正常に排卵できるようになりますが、妊娠に至るのは約40%~50%です。不妊症とは短期間妊娠しないことであり、女性、男性、あるいはその両方に原因がある場合があります。また、排卵がない、子宮内膜症、骨盤腹膜炎など、女性が妊娠しにくい要因も数多くあります。

排卵誘発剤のエストロゲン拮抗作用は、卵胞生成ホルモンの分泌を促し、卵胞の発育と排卵を促進させることです。クロメンは、不妊症の治療に有用な排卵誘発剤です。日本で処方されているクロミッドのジェネリック医薬品で、製造はトルコで行われています。脳下垂体を刺激して卵胞を大きく成長させ、FSH(排卵を促すホルモン)とLH(黄体形成ホルモン)の分泌を促進するために推奨されています。卵胞設定ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)は脳の視床下部から分泌されますが、それらをコントロールするためにエストロゲンが重要です。

初めて排卵誘発剤や排卵誘発剤を借りる場合は、小分けにして1回1/2錠を目安に服用するとよいでしょう。クロミッド100mgの成分容量を50%にカットすれば50mgになるように使用量を工夫することができます。過去に排卵誘発剤を使用したことがあり、少ない量で効果が見られた場合は、クロミッドの使用量を50mgの50%に調整することも可能です。

クロミッドは、ゼロ状態排卵回転、第一度無月経、軽度~中等度に分類される排卵障害の治療に適した排卵連鎖反応薬です。クロミッドは排卵障害治療薬クロミッドのジェネリック医薬品で、有効成分クロミフェンを100mg含有しています。一般的に排卵誘発剤は、排卵していないお客様に使用されますが、排卵しているお客様でも、クロミッドを服用することで、成熟した卵子の実行を促進し、妊娠の可能性を6%近く高めることができると言われています。排卵障害に悩む方に排卵誘発剤を使用した場合のみ、6ヶ月で60~75%の妊娠率に達します。

タイトルとURLをコピーしました