サワシリン 購入くすりロイヤル

ノバマックス500mg(サワシリン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

サワシリンに関する説明(購入くすりロイヤル)

サワシリン(アモキシシリン)はピロリ菌の除菌の手引きとして接触感染から何から何まで活躍する必勝の抗生物質ですから、常備薬としてすぐに飲めるように常備しておかなければならない薬なのです。サワシリンやノバモックスの有効成分であるアモキシシリンが有効な細菌材料は、トレポネーマ、ブドウ球菌、肺炎球菌、腸球菌、淋菌で、全部で10種類といえます。抗生物質の中では、最も適応菌の少ない成分で、アモキシシリンは狭い範囲の菌にしか効かないナロースペクトルの抗生物質です。

グラム陽性菌と、大腸菌やインフルエンザ菌など一部のグラム陰性菌に有効ですが、緑膿菌やセラチア菌にはサワシリンは効きません。サワシリンの有効成分であるアモキシシリンは、細菌やグラム陽性菌の増殖を妨げ、細菌によって引き起こされるいくつかのタイプの接触感染症に有効です。細菌による接触感染症の治療に適しており、性感染症のほか、扁桃炎、咽頭炎、気管支炎、中耳炎などの接触感染症の治療にも採用されています。

アモキシシリンは、D-oh-トニル-D-アラマンニンと非常によく似たメカニズムを持ち、代わりにペニシリン結合タンパク質と結合することで、細胞バリアの合成を阻害します。有効成分アモキシシリンは、細菌による接触感染に有効なペニシリン系抗生物質(合成ペニシリン製剤)で、性感染症である梅毒の治療薬であるサワシリンの後発品です。ノバモックスは、多くの細菌感染症に有効な抗生物質です。梅毒の治療に加えて、すべての接触感染症に有効です。

急性接触感染症の早期治療が可能で、緊急時の使用も推奨されています。接触感染症に悩む購入者、二次感染を防ぎたい人、接触感染症治療薬の副作用に抵抗がある人などにおすすめです。アモキシシリンを有効成分とするサワシリンは、気管支炎、気管支喘息、肺炎、咽頭炎、扁桃炎、中耳炎、膀胱炎、骨髄炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍など多くの適合する疾患を持つことを目指して循環器内科、耳鼻科、胃腸科に至るまで様々な場所で使用されると考えられています。

アモキシシリンの副作用は少ないとされていますが、おなかの痛み、下痢、吐き気や嘔吐、食欲不振、発熱などの報告が入っているようです。ノバモックスの前身であるサワシリンは、日本では1974年の承認以来43年間使用されている、絶大な実績のある抗生物質です。アモキシシリンは、ピロリ菌の除菌に有効であることから、国内はもとより世界中で使用され、定着しています。

ノバモックスの作用により細胞壁の底に到達した菌は、細胞分離のたびに弱体化し、細胞壁と野液の浸透圧差により菌の体液が溶け出し、やがて崩壊に至ります。アモキシシリンは、ペニシリン系の抗生物質として頻繁に見かける。日本では医療用医薬品として流通しており、「サワシリン」または「パセトシン」と呼ばれています。

タイトルとURLをコピーしました