ジスロマック 通販web窓ロ

ジスロマック500mg

アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ジスロマックに関する説明(通販web窓ロ)

ジスロマックは抗菌作用だけでなく抗炎症作用もあるため、抗炎症作用を期待して使用されることが多いようです。効果が長く続くジスロマックは、クラミジア菌が増えようとする大事なタイミングを逃さず、確実に抗菌作用を発揮します。

ジスロマックは、細菌が原因で起こる性病や接触感染症を治療する薬です。細菌の増殖に必要な酵素を抑制しながら、細菌を死滅させることで症状を治します。ジスロマックは、マイコプラズマ、クラミジア、インフルエンザ菌に対しても強力な抗菌活性を発揮します。なお、ジスロマックは、インフルエンザ、感染性胃腸炎(ノロウイルス)、おたふくかぜなどのウイルス性疾患には効果がありません。

薬理学的には、タンパク質合成阻害剤の一種に属します。細菌の発育に必要なタンパク質の鎖が戻るのを阻害することで、細菌の成長や増殖を抑制します。ジスロマックは、最近、クラミジアの治療で最も頻繁に使用されている抗生物質です。ジスロマックがクラミジア治療の主薬として推奨されている理由のひとつは、原因菌に対する有効性の優秀さです。

ジスロマックは安全性が高く、妊婦さんでも服用できると言われています。そのため、ジスロマックは体験談でもよく使われており、個人輸入代行による通販で購入されています。ジスロマックの有効成分であるアジスロマイシンは、マクロライド系の抗生物質です。細菌の70Sリボソームの50S控えメンバーサークルに結合し、タンパク質の合成を阻害します。

ジスロマックは、長期間にわたって効果を維持することで、病気の原因となる細菌が増殖しようとする場合を見逃さずに抗菌作用を発揮し、病気の原因となる細菌の数を増やすだけでなく、病気の原因となる細菌の数自体を減らすという大きな働きもするのです。このジスロマックの効力により、不要なクラミジアの割合が高くなった接触感染にも対応することができるのです。ジスロマックは、クラミジアと歯周病の両方に有効な、幅広いスペクトルの抗生物質です。ジスロマックは即効性があり、摂取後1日以内に最初の反応が出ます。

マクロライド系抗菌薬は、同時に使用する他の薬と相互作用を起こすことが多く、同時服用に注意が必要な薬や問答無用で服用する薬も多くあります。ジスロマックをはじめとするマクロライド系抗菌薬は、特定の抗生物質が効かない非定型菌に効果があるため、マイコプラズマ肺炎やクラミジア感染症などでは数え切れないほど使用されています。ジスロマックの有効成分は、アジスロマイシン水和物です。急性接触感染症の治療に必要な広い抗菌スペクトルを獲得することを目的に、ファイザー社が開発した世界初の15員環マクロライド系抗生物質製剤です。

タイトルとURLをコピーしました