アンジュ 通販ソリューション【ピル】

トリキュラー21(アンジュと同一成分のピル)

ヤスミン(ヤーズと同一成分のピル)

 

 

 

 

 

アンジュに関する説明(通販ソリューション)

アンジュは黄体ホルモンと卵胞ホルモンの両方を増加させますが、このホルモンはまさに妊娠の設定をきれいにするために使われるホルモンです。この効果により、脳や体が妊娠していると勘違いし、排卵・受精・出産を抑制するのです。アンジュなどの三相性ピルを嫌う人には、プレフェーズピルというのもあります。21錠すべてが同じ数のホルモンを含んでいるので、失敗する心配がありません。

数ある低用量ピルの中でも、経口避妊薬ピルのアンジュは最も人気があり、日本では多くの婦人科、産婦人科で処方されています。アンジュの最大の価値は、副作用が少なく、体調への負担が少ない、自然な方法でホルモン分布を変えられることです。アンジュは三相性ピルなので、より自然な形での避妊を希望される方に最適です。しかし、服用には十分な注意が必要です。

アンジュには子宮の状態を変化させ、精子が子宮に移動するのを抑制し、受精卵の羽化階層を抑制する作用があります。激しい下痢や嘔吐が長く続くと、錠剤の把握がうまくいかず、効力が弱まることがあるので、他の避妊方法と同時に使用する必要があります。

アンジュは、世界初の三相性低用量ピルです。三相性低用量ピルとは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲストゲン(黄体ホルモン)の含有量が異なる3種類の錠剤を配合した低用量ピルのことです。アンジュは、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールと黄体ホルモンであるレボノルゲストレルの2つの有効成分を配合した第2世代3相性ピルとして区別されている経口避妊薬です。アンジュは、女性ホルモンを少量配合した薬です。日本で処方されているアンジュ錠と同じ有効成分を含んでおり、主に避妊の目的で処方されます。

アンジュ(21錠、28錠)は、日本で最も人気のある低用量ピルです。摂取の時間軸は毎日決められた時間に摂取し、関連グループとして21錠グループとプレセボ7錠を追加投与した28錠グループの2つがあります。3相のピルはすべてホルモンの量が違うので、体に加えるホルモンの数を最小限に抑えることができます。飲み始めの頃は、月経時にあまりひどくない出血(不正性器出血)が見られることがありますが、ピルの服用に慣れてくると徐々に症状は軽くなりますが、出血量が多い場合は、医師に相談するようにしてください。

第二世代三相性ピルは、ホルモンの数が異なる3つの錠剤からなるタイプのピルで、案内に記載されている順番で服用します。ちなみにアンジュは、1周期で飲みきるために、女性ホルモンの配合量を3つの時間帯に分けて配合したものです。摂取の順番に注意が必要ですが、天然ホルモンの分散に近いため、不正出血の副作用は起こりにくいと考えられています。

タイトルとURLをコピーしました