ゾビラックス 通販リサーチ

ゾビラックス200mg(アシクロビル)

ゾビラックスクリーム

 

 

 

 

 

ゾビラックスに関する説明(通販リサーチ)

ゾビラックスは、アシクロビルを主成分とする抗ウイルス剤で、主に単純ヘルペス、飲み口ヘルペス、帯状疱疹など、はっきりわかる症状の治療に使われます。アシクロビルは1988年から発売されている有名な商品です。日本市場でも評価の高いヘルペス薬として有名なバルトレックスとして処方されています。アシクロビルは、ヘルペスウイルスの増殖を抑えることを目的とした抗ウイルス薬で、ヘルペス、水痘、帯状疱疹などのウイルスに効果があります。

ゾビラックスは、英国のグラクソ・スミスクライン社が開発した抗ウイルス剤で、アシクロビルを有効成分として混合しています。ヘルペスには、水痘帯状疱疹ウイルスによる口唇ヘルペス、性器ヘルペス、帯状疱疹の症状がありますが、ゾビラックスはこのような場合に有効です。ゾビラックスは、性器ヘルペスの原因となる単純ヘルペスウイルスの増加を抑え、接触感染を治し、再発を防止します。

抗ヘルペス剤などの抗ウイルス剤は、ウイルスの増加を抑える働きのある抗生物質の一つです。抗ウイルス剤と抗生物質の中に抗ウイルス剤を含めることには賛否両論の声がありますが、ここでは接触感染症の治療薬の種類としてわかりやすく取り上げています。ゾビラックスは、性器・口唇ヘルペス、帯状疱疹、鉱水性白血病に有効な抗ウイルス剤です。ゾビラックスの効果は、真っ赤なぶつぶつや水ぶくれなどの弊害を最小限に抑え、回復までの時間を短縮することができます。

ゾビラックスによる早期治療により、ヘルペス病原体の悪化を防ぐことができ、再発・転移の予防効果もあります。ヘルペスの接触感染を見かけたら、放置せず、早期治療を心がけましょう。ゾビラックス点滴静注用」は、免疫力が低下した相談者の帯状疱疹、水痘帯状疱疹。単純ヘルペス、水痘・帯状疱疹ウイルスによる脳症や髄膜炎、新生児単純ヘルペス接触感染症などを対象としています。また、ゾビラックスの顆粒剤は、錠剤での実用化が多い小児用の水痘にも適応されています。

ゾビラックスはヘルペスウイルスの増加を防ぐ薬であって、ヘルペスウイルスをダメにする薬ではないので、ヘルペスウイルスの一部が繁殖してしまった場合は、優れた効能を発揮することはありません。ゾビラックスは、GSKファーマが工作して開発したヘルペスウイルスに満足できる薬で、私たちの最初の治療薬と言われており、世界で最も使用されている薬です。

タイトルとURLをコピーしました