ピル 通販ビーナス【安全・即日発送可】

トリキュラー21(低用量ピル)

アイピル(アフターピル)

 

 

 

 

 

 

ピルに関する説明(通販ビーナス)

トリサイクラーは、エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)とレボノルゲストレル(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンの組み合わせで止められます。トリキュラーによってあらかじめこの2つの女性ホルモンが体内にあることで、スタイルは卵胞がすでに成熟していると勘違いしてしまうのです。すると、卵胞を成長させる性腺刺激ホルモンが分泌されず、卵胞が成熟した卵胞に十分に熟すことができないため、排卵が消滅してしまうのです。

トリキュラーは、ドイツの大手製薬会社バイエルが開発した低用量ピルです。3段階でホルモンのかさを増やし、生理的なホルモンバランスを改善することで、服薬中に不正出血を起こしにくくする低用量ピルです。アイピルは、世界中の多くの女性に利用されているアフターピルの一つです。トリキュラーの1年間の継続使用に関する避妊具の投げ出しの割合は9%で、避妊効果は91%以上と報告されています。

トリキュラーは、日本のクリニックで処方してもらうことができます。低用量ピルなどの避妊薬は保険適用外なので、すべて自己処方になります。アフターピルを病院やクリニックで処方された場合、その費用も非常に高額になる。若い女性にとって、病院やクリニックに治療に行く恥ずかしさや妊娠への不安は、経済的な負担や悩みが大きいので、緊急避妊薬の通販はおすすめです。

女性の体格に大きな影響を与えるのは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2つの女性ホルモンです。卵胞ホルモンは排卵を起こし、子宮を妊娠に適した状態に調整します。黄体ホルモンは子宮内膜の生態を高め、健康な妊娠の土台となります。トリキュラーの成分は、私たちが食べているものと同じホルモン剤です。レボノルゲストレルは黄体ホルモンであるプロゲステロンを、エチニルエストラジオールは卵胞ホルモンであるエストロゲンを模倣しているのです。

アイピルは女性ホルモンのバランスを変化させ、排卵のモラトリアムを行い、受精卵が凝固階層を形成しないようにすることができます。ホルモンバランスが一時的に崩れることで、強制的に月経を起こし、妊娠を抑制することができるのです。トリキュラーは、ドイツのバイエル社が開発した経口避妊薬です。数ある低用量ピルの中でも特に人気が高く、日本では多くのマミーや産婦人科医に処方されています。

日本では低用量ピルの代表格として知られているトリキュラーは、有効成分として卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールと黄体ホルモンであるレボノルゲストレルが含まれています。トリキュラーは三相性低用量ピルなので、ホルモン成分が1つのドスで3つの足に分かれて存在し、排卵サイクルをコントロールすることが可能です。バリエーションに応じて年間を通じて決まった時期に服用することが重要であり、正しい方法で服用すれば100%確実に避妊効果を得ることが可能なピルです。

タイトルとURLをコピーしました