抗生物質 通販ポーション

バルトレックス500mg

バルクロビル500mg(バルトレックス・ジェネリック)

 

 

 

アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

アジー250mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

抗生物質に関する説明(通販ポーション)

バルトレックスは、主に単純ヘルペスの治療に使用されています。単純ヘルペスとは、一般的にヘルペスと呼ばれる病気です。性器に発症した場合は性器ヘルペス、唇に発症した場合は口唇ヘルペスと呼ばれます。バルトレックスの有効成分であるバラシクロビルは、アシクロビルの中身を少し変えて腸から吸収しやすくした抗リブレッド剤です。

バルトレックスは、ウイルスのDNAの複製を阻害する薬剤で、DNAの複製を阻害することにより、ウイルスの増殖を抑制することができます。バルトレックスは、ヒトの細胞やDNAに悪影響を及ぼすことはありません。ゾビラックス(アシクロビル)は、ヘルペスの治療薬として大手企業の医薬品である。バルトレックスはゾビラックスを少し改良したもので、飲酒の発生率が少なく、副作用もさらに少なくなっています。

バルトレックスは、ヘルペスウイルスの接触感染治療薬(抗ウイルス剤)です。血中のウイルス価格を下げることで、皮膚の状態や発疹の発生を抑える効果があります。帯状疱疹の治療では、できるだけ早くバルトレックスの摂取を開始することで、神経痛の後遺症を食い止めることができます。

唇や性器にできるヘルペスや水痘、帯状疱疹のウイルスは、一般の細菌とは異なる細菌で、人間の細胞内の表皮や粘膜に水泡を作ります。ヘルペスは感染力が強いため、水疱が破れて皮膚や粘膜に付着すると、接触感染しやすくなります。バルトレックスの有効成分であるバラシクロビルは、世界約70カ国でヘルペス系のウイルス性疾患の治療薬として承認されています。

第2世代抗ウイルス薬として発売されたバルトレックスは、有効成分の含有率が非常に高く、1日3回以降の服用で効果を発揮します。バルトレックスは、ゾビラックスよりも把握が良いという特徴があります。バルトレックスは抗ウイルス剤であるため、通常の細菌に対する抗菌作用はありませんが、抗ウイルス作用は発揮されます。一般的にヘルペスは性感染症だと思われていますが、実は行為をしなくても、日常生活の中でヘルペスウイルスに感染し、口の周りや皮膚に発疹ができることがあります。

バラシクロビルまたはプラセボ(効果のない偽薬)を1日1回52週間服用したところ、バラシクロビル投与群ではプラセボ投与群に比べて再発のリスクが71%減少しました。その結果を表1に示します。この病気の原因となるヘルペスウイルスは、多くの成人が接触によって感染しますが、ほとんど症状がなく、影響もありません。しかし、閉塞感や疲労などで免疫力が思い切り低下すると、飲み水疱や発疹などの症状として現れます。ヘルペスの症状が治まった後も、さらに免疫力が低下すると再発することがあります。

タイトルとURLをコピーしました