リピトール 通販ディビジョン【送料無料】

リピトール10mg

アトルバスタチン10mg(リピトール・ジェネリック)

 

 

 

 

 

 

リピトールに関する説明(通販ディビジョン)

リピトールは、アトルバスタチンカルシウム10mgを有効成分とする脂質異常症治療薬です。血液中のコレステロールが過剰になると動脈硬化が進行し、狭心症や心筋梗塞のリスクが高まります。リピトールは、日本ではアステラス製薬株式会社が再生産し、承認・販売しています。

リピトールは、HMG-CoA還元酵素阻害剤と呼ばれる脂質異常症の治療薬として処方されています。リピトールの主成分はアトルバスタチンであり、肝臓でコレステロールが作られるのを邪魔する作用があります。有効成分の語尾、すごい「アトルバスタチン」にちなんで「スタチン製剤」と呼ばれることもあります。リピトールは、摂取すると血液中のコレステロール値を悪化させ、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などを予防する効果があります。日本では販売されていない20mgの錠剤タイプなので、錠剤に分割して体内に入れる方法もあり、コストと効果のバランスがやや高いおすすめの商品です。

リピトール・ジェネリックの主成分であるアトルバスタチンは、コレステロールの原因となる酵素の動きを阻害することで、コレステロールの合成を抑制する。ここでも血液の下にある悪玉コレステロールの輸入を促進し、コレステロール値を沈めることになります。高コレステロール血症は、やはり血液中のコレステロール値が高く、動脈硬化のMCを促進し、心筋梗塞や狭心症の可能性が高くなります。

リピトールは、血中のコレステロールを安定化させ、その数を減らすことにより、家族性高コレステロール血症や高コレステロール血症などの脂質異常症を正常化する治療薬である。日本人の約30%が脂質異常症(高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症)であるといわれており、動脈硬化や心筋梗塞の原因となる可能性があります。

LDLコレステロールを強力に低下させるだけでなく、善玉コレステロール(H-トランスファー)や中性脂肪(TG)の割引も上昇させ、いずれも動脈硬化を抑制する働きを補助的にではありますが、発揮します。動脈硬化の方向は、コレステロールを抑えることで脳梗塞や心筋梗塞の予防効果があると考えられています。リピトールは体内に取り込まれると、HMG-CoA還元酵素を阻害することでコレステロールの合成を抑制し、血中コレステロール値を低下させます。

脂質異常症の治療は、リピトールの投薬だけでなく、食事や運動などの生活習慣の改善も併せて行うことで、治療の威力が高まることが期待されます。リピトールは、高脂血症治療薬で、家族性高コレステロール血症や高コレステロール血症(高脂血症)などの脂質異常症の治療に使用される薬剤です。リピトールには中性脂肪を減らす効果もあり、脂肪がつきにくい体質への改善も期待できます。

タイトルとURLをコピーしました