レビトラ 通販 窓ロ

レビトラ20mg

バリフ(レビトラジェネリック)

 

 

 

 

レビトラに関する説明(通販 窓ロ)

レビトラは、バイアグラが持っていた「食事の影響を受けやすい」という障害を解決するED治療薬として販売されたこともあり、その作用はバイアグラと似ています。有効成分のバルデナフィルは、ペニスの血流を改善することで、ペニスのハリや達観を高める効果があります。「急な行為に使用したい」「食事を気にせずED治療を受けたい」「バイアグラ以外のED治療薬を試してみたい」という方におすすめです。

バイアグラは食後に服用すると効果が薄れますが、レビトラは食前・食後の服用で有用性に差はありません。勃起にはペニスと性感帯に有効なメカニズムが必要で、レビトラを服用中の勃起回数に制限はありません。レビトラは既存の食事(700kcal以下)であれば、食前・食後ともに有効です。

レビトラ自体に催淫作用はなく、興奮や性欲を高めることはありません。手前味噌と言われる励ましが加わって初めて影響が現れます。レビトラはドイツのバイエル社が開発したED治療薬で、三大ED治療薬の一つとしてジャンボに認知されています。服用後わずか15分ほどで衝撃が頭に浮かぶという感覚と、食事との併用がほとんどないという服用のしやすさが人気です。

レビトラは即効性があるため、早ければ服用後15分ほどで即効性が現れ、ペニスを刺激して興奮させることが可能です。勃起はcGMP(サイクリックGMP)という物質が増加することで起こりますが、これはムラムラした人が性的パワーの源を受け取ることで、ペニスに大量の血液が流れ込むことが原因です。バルデナフィルはPDE5の働きを抑え、cGMPを上昇した状態にすることで、強い勃起を促します。

バルデナフィルとバイアグラの違いは有効成分で、シルデナフィルとバルデナフィルは効能の現れ方と影響の保持時間に違いがあります。バイアグラは一歩先を行く治療法でしたが、現在では改善できる隙間があり、それ以降に保たれているED治療薬では、バイアグラが引っかかったところが改善されるのを待っている状態なのです。

PDEには1種類以上、11種類あることが知られています。バルデナフィルは、主に陰茎海綿体に存在するPDE5に対して、より顕著に、選択的に作用します。つまり、他のPDEにはほとんど作用しないため、副作用が出にくく、勃起を誘発する効果も硬くなります。レビトラ(バルデナフィル)の血中濃度は、摂取後約45分で絶頂に達し、約4時間後に半分に減少します。性行為の半時間以上前に摂取すると、効果がしっかりと発揮されます。

タイトルとURLをコピーしました