ミノマイシン 通販ノワール【アカミン】

アカミン50mg(ミノマイシン・ジェネリック)

 

 

 

アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

アジー250mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ミノマイシンに関する説明(通販ノワール)

ミノマイシンは、有効成分である塩酸ミノサイクリンが細菌の増殖に必要なタンパク質の合成を阻害することにより、アクネ菌の増殖を妨げ、化膿性ニキビを治療する抗生物質です。ミノサイクリンの有効成分であるミノマイシンは、テトラサイクリン系の抗生物質で、リポソームと呼ばれる5つの器官の働きを阻害することで細菌の増加を防ぎます。

抗生物質の歴史は古く、手術の傷に伴う細菌の増殖や、病気による一見疑わしい病気に対する化膿止めとして、古くから使用されています。ミノマイシンは、クラミジア感染症などの性感染症やマイコプラズマ、マラリア原虫の治療に用いられるほか、ライム病や皮膚感染症の治療にも用いられてきました。女性の場合、クラミジア感染症は不妊症や子宮外妊娠の原因となるため、しっかりとした治療が重要です。ミノマイシンは、他の抗生物質が効かないクラミジア菌に影響を与えることで、クラミジア感染症を治療します。

静菌効果」とは、増殖過程を阻害し、衰弱を待つことを指します。そのため、薬を服用しながら人が本来持っている免疫力を高め、菌が死滅するのを待つ必要があります。菌を攻撃しやすい「除菌」のように、人の体の細胞を攻撃する不安がある代わりに、即効性は弱くなりますが、安らぎと影響の割合が優れているのです。男性のクラミジアの場合、尿道で接触感染を起こし、かゆみ、不快感、排尿痛、膿などの症状が現れる。女性の場合は子宮頸部に接触感染し、存在感の倍増や下腹部の痛み、不正出血、性交痛などの症状が発症します。

ミノマイシンは、にきびやクラミジア感染症の治療に何としても使いたい抗生物質です。細菌に対する抗菌力に加え、抗炎症作用があるため、ニキビ治療には他の抗生物質よりも効果的な薬剤です。ミノマイシンは、抗生物質の中で最も抗菌力のある人材が多く、薬に耐性を持つ細菌(感染抵抗性細菌)が発生しにくいという特徴があります。さらに、他の抗生物質と比較して即効性の持続時間が長いことも要因で、1日おきに2回の服用で効果が詰まります。

ミノマイシンは「テトラサイクリン系」の系統の抗生物質ですが、ペニシリン系やセフェム系抗生物質の効果が弱い性感染症でもしっかり効くことが特徴です。ミノマイシンは、その中でも最も高い殺菌技術を持っていると言われています。

ミノサイクリンは静菌剤で、菌の増殖を防ぎ、衰弱するのを待ち、細胞に届いた栄養を奪って増殖を止め、死に至らしめるというものです。連続服用が重要で、短期間でも継続して服用する必要があります。ニキビは、毛穴がニキビ栓でふさがれ、出口を失った皮脂が貯まることでできる膨らみ(吹き出物)です。ニキビができると、アクネ桿菌や黄色ブドウ球菌などの細菌が繁殖しやすくなり、炎症を起こすことがあり、これを化膿性ニキビと呼びます。

タイトルとURLをコピーしました