バイアグra 通販 ジェネクリ

バイアグラ100mg

カマグラゴールド(バイアグラ・ジェネリック)

 

 

 

 

 

バイアグraに関する説明(通販 ジェネクリ)

バイアグラの有効性は、バイアグラが一般に使用される前に行われた臨床試験で確認されています。勃起不全の男性を対象に行われた臨床試験では、前提条件として膣内挿入後に勃起し行為を持続できた割合は、10回中3回であることが判明しています。勃起不全は、できる男性が思いのほか減ってしまう病気なのです。そのため、バイアグラなどの勃起不全治療薬は「ED薬」とも呼ばれます。

バイアグラは、狭心症の治療薬を作る過程で発見されました。血流を促進し、血圧を下げることでED治療に効果があることがわかり、ED治療薬として世に出ることになったのです。バイアグラは、経口剤による勃起不全の治療を確立した雰囲気で、ファイザー社が製造・販売する初めてのオリジナルED治療薬です。

バイアグラは、勃起を起こしたり、望みを高めたりする盛り上げ薬と思われがちですが、実際にはそのような効果を取ることはできず、勃起させるためには外部からの性的圧力を必要とします。バイアグラは、アメリカのファイザー社が開発した国内初のED治療薬で、有効成分としてシルデナフィルを含有しています。日本では1999年から医療機関で処方され、勃起不全に悩む男性の強い味方として歓迎されています。

バイアグラは、服用量によって勃起率やH成功率が異なることが確認されています。最も高い効果が得られたのは、50mgと100mgの用量です。バイアグラの効果は、有効成分の血中濃度が一定以上になると発揮されます。有効成分がバイアグラの効果を発揮するために必要な音量を出すことができるのは、摂取してから半分後の時間帯が良いとされています。

バイアグラを服用した場合、服用しない場合と比較して性行為の購入確率が大幅に向上します。10回行為を行った彼の家の1より約3回だけ勃起と生産に成功することができた男は、今10回中5~7回程度満足のいく行為を望むことができます。バイアグラはシルデナフィルの含有量によって、3つのジャンルがあります。25mg、50mg、100mgの3種類です。データが多いほど行為に対する反応が優位になりますが、日本では「25mg」と「50mg」が正式に承認されており、世界的に承認されるために必要な「100mg」は承認されていないようです。

バイアグラは、狭心症の治療薬としてアメリカのファイザー社が研究薬として発売を開始しました。狭心症の臨床試験段階で勃起に効果があることがわかり、ED治療薬への製造に移行されました。現在では、ED治療薬のほか、肺動脈性肺高血圧症の治療薬として「レバチオ」の冠名で存在しています。バイアグラの主成分であるシルデナフィルは、勃起を抑制する酵素を阻害することで、強固な勃起力を発揮します。

タイトルとURLをコピーしました