アフターピル 通販・ genecli.com

アイピル(ノルレボ)アフターピル

エラ(エラワンジェネリック)

 

 

 

 

 

アフターピルに関する説明(通販・ genecli.com)

アフターピルの効果は、行為後に体内に取り込まれたアフターピルの時間によって変化します。もちろん、あくまで比率論の話なので100%妊娠しないという保証はできませんが、避妊に失敗したと自覚しているのであれば、しっかりと服用した方が良いでしょう。

緊急避妊は、ゴムの破損や脱落などのパターンがある場合に使われる最後の避妊方法です。性交後72時間以内にピルを服用することで妊娠を抑える手段であるため、緊急避妊ピルと呼ばれています。従来通り、一般的に「アフターピル」とも呼ばれる。現在は、ノルレボピルと、女性が体内に取り込む伝統的なジャッペ法が主流となっています。緊急避妊は、無防備な行為ゴムの破損など避妊に失敗した場合に妊娠を防ぐための方法です。性交の秒針から72時間以内に緊急避妊ピルを反応させることで、排卵を抑制して受精を防ぎ、受精卵の子宮への羽面を塞ぐことができます。

残念ながら、ヤッペ法もノルレボピルも効果は100%ではなく、約97%というところです。緊急避妊は一時的な避妊であり、より確実な避妊のためには、ピルを継続的に服用する必要があるのです。個人輸入ではアフターピルの摂取に関する相談窓口がないため、ご自身で使用方法を確認する必要があります。病院やクリニックに行きたくなく、手元にないお客様にはおすすめですが、活用方法だけは確認しておきましょう。

アフターピルは個人輸入代行サイトからWEBで購入することも可能です。緊急避妊薬を繰り返し服用することはおすすめできません。3週間以内に生理が来ない場合は、妊娠診断が必要です。現在認可されているノルレボピルの利点は、服用が1回で済み、吐き気などの副作用がほとんどないことです。

市販の妊娠ピルでは自宅での確認しかできないため、避妊の粗相がないかどうかを早めに知りたい場合は、医療機関に問い合わせることが大切です。月経がない、月経がいつもより遅いなど、気になることがあれば、医療機関に相談するのが一番です。妊娠を望まないのであれば、そもそも行為を行わないようにすべきですが、その動機やその時の状況によっては、必ずしも避妊が制限されるわけではありません。そんな時の備えとして、アフターピルは最適なのです。

アフターピルによる重要な副作用として、吐き気、頭痛、下腹部痛、胸の不快感、疲労感、子宮からの出血などが考えられます。行為の24時間後に服用するのが完璧な避妊法ですが、投薬時間を過ぎていても避妊できる場合があります。

タイトルとURLをコピーしました