デュタステリド 通販ボックス【おすすめサイト】

アボダート(デュタステリド0.5mg)

デュタボルブ(デュタステリド0.5mg)

 

 

 

 

 

デュタステリドに関する説明(通販ボックス)

アボダートの主成分であるデュタステリドは、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンを抑制することで、肥大した前立腺を小さくすることが期待されています。デュタステリドのようなDHT阻害剤は、AGA(男性型脱毛症)の治療薬としても実用化されています。

前立腺肥大症は男性ホルモンが強く関与している病気なので、男性ホルモンを抑制することで症状が緩和されることが知られていました。デュタステリドは、この男性ホルモンを強く穏やかに減少させる効果が認められている薬で、前立腺肥大症に効果を示し、特に脱毛症に有効で、男性ホルモンが顕著な役割を果たすAGA(男性型脱毛症)、つまり脱毛の抑止と育毛に現在有効であるとされています。

デュタステリドの効果は、DHTの過剰な増加を抑えることで積み重なっていきます。デュタステリドは効果が出始めるまでに最低でも180日という長い期間使用する必要があり、AGAの治療でも同じ期間を目安にする必要があります。薄毛の最大の引き金となるのは5αリダクターゼという酵素で、5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があります。プロペシアの成分であるフィナステリドはⅡ型酵素にのみ作用し、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方の酵素に作用します。

デュタステリドは1日1回、夜間1回(0.5mg)を水またはぬるま湯で服用してください。プロペシアとは異なり、この薬は錠剤ではなくカプセルの外観をしています。服用した記憶がない場合は、気がついたときにできるだけ早く服用してください。ただし、次回の服用時間が近い場合は、1回分を飛ばし、次回の摂取時間に1回分相当を受け入れてください。AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンの増加が原因と言われています。デュタステリドは男性ホルモンを抑制する力があり、従来の育毛剤よりも強力な成分が配合されているため育毛効果が期待できます。世界中の多くの人に支持されている治療法です。

DHTは男性ホルモンの一種で、男性ホルモンの95%を占めるテストステロンに5αリダクターゼ酵素が通過することで生成されます。DHTは、胎児がまだ小さいうちは男性器の前進を誘導する非常に重要なホルモンですが、成人男性では体毛の追加や脱毛に影響を及ぼします。そのため、DHTの生成をコントロールすることで、毛髪の状態を修復し発毛につなげます。デュタステリドの循環率1%以上の副作用は、性欲減退、射精障害、勃起不全、頭痛、発疹などです。

以上、男性型脱毛症では、デュタステリド0.5mgを1日1回服用した場合、プラセボの服用に比べ、241週間後の頭頂円内側(直径2.54cmの円内に直接入る)の総髪の引き締めが、デュタステリドでは4本に対し、4. プラセボで9正式失速 DHTの大きさは89.6インフォメーション伸長と明確な再検査の影響を示した、男性の男性型脱毛症患者でも、血清中のDHT濃度は、デュタステリドを24週間後に1日1回0.5mg投与で90.9%急冷されました。

タイトルとURLをコピーしました