ノルレボ 通販ソーシング

アイピル(ノルレボ)アフターピル

ポスティノール(ノルレボ)2錠

 

 

 

 

 

ノルレボに関する説明(通販ソーシング)

アイピルに含まれるレボノルゲストレルは、受精を防ぎ、受精卵が子宮にくっつくのを防ぐ黄体ホルモンです。卵巣からの排卵を防ぎ、粘液の量を増やして受精が起こりにくいようにし、月経を早くして受精卵が子宮にくっつかないようにします。緊急避妊薬「アイピル」は、通販で購入可能です。アイピルは、無防備な行為や避妊に失敗した後、意図しない妊娠を安全かつ簡単に防ぐことができます。有効成分であるレボノルゲストレルは、日本国内の医療機関でも緊急避妊薬として使用されています。

アイピルは、性交後の避妊に使用できるアフターピルです。性交後72時間以内であれば、高い確率で緊急避妊にトライすることが可能です。アイピルの服用が早ければ早いほど、達成できる可能性が高くなり、緊急事態が深刻であればあるほど、緊急に服用することになります。アイピルは72時間以内の避妊効果が75%で、24時間以内に服用できない場合でも3日間と時間があります。アイピルはノルレボ錠のジェネリック医薬品です。同じレボノルゲストレルが配合されているため、アイピルもノルレボ錠と同じ妊娠・言語障害率が期待できます。

i-pillはかなり高い確率で妊娠を防ぐことができますが、確実に妊娠を防ぐことができるわけではありません。性交後、コンドーム使用などの避妊手段が敗れたり、避妊手段がとれなかった場合に臨機応変に服用する避妊薬であり、通常の経口避妊薬と同じように妊娠を中絶するものではありません。性交時にコンドームが破れてしまった場合、性交時にコンドームを使わず放置してしまった場合、性交時にコンドームを忘れたまま性交してしまった場合、24時間以内にアフターピル「iピル」を女性の体内に挿入すれば、95%の確率で避妊に成功するとされています。

無妊娠率とは、あらかじめ想定した妊娠数に対して、実際に発生した妊娠数の比率で算出したものである。臨床試験において、妊娠利益率はほぼ81%であり、緊急避妊の可能性が高いことを示しています。排卵は、性腺の効力を司るホルモンの一つである黄体形成ホルモンが体内で大量に分泌されることで起こります。アイピルによって黄体形成ホルモンの分泌が一時的に停止すると、排卵が起こるのに必要なレベルに達するまでの時間が延びます。

アイピルは、世界中の多くの女性に利用されているアフターピルの中でも、普遍的なものです。産婦人科でノルレボ錠を処方してもらうよりも、ずっと安価に緊急避妊ができるのです。事前に通販でアイピルを購入し、手元に置いておくと安心です。アイピルとノルレボの有効成分は取り扱いが同じで、インパクトや即効性も同じですが、価格に違いがあります。医療機関で緊急避妊薬を処方してもらうと1万円以上かかることもありますが、アイピルは1錠1000円ほどで購入できる通販サイト(ベストケンコー・オオサカ堂・オランダ屋など)もあるため、経済的なメリットがあるといえるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました