トリキュラー 通販web窓ロ

トリキュラー21

 

 

アイピル(アフターピル)

 

 

 

 

 

トリキュラーに関する説明(通販web窓ロ)

トリキュラー1錠を1年間継続して服用することで、99%という高い確率で避妊の有用性を得ることができます。低用量ピルには、プレフェーズ、バイフェーズ、トリフェーズの3つのジャンルがあり、トリキュラーはトリフェーズ型です。ピルに含まれるホルモンの数を3段階で制御し、本来のホルモン分泌量に近い排出を起こします。ホルモン量が最小限にコントロールされるため、開始期に比べて血便のリスクが軽減されます。

また、子宮の状態を整え、精子の子宮精神同伴を抑制し、受精卵の巻床を抑制する効果もあります。トリキュラーは、その大きな避妊効果から、世界中の医師から処方され、高い評価と信頼を得ています。「三相性」とは、ホルモンの配合が異なる3種類の大きさの錠剤を順番に服用することを指します。月経周期による日々のホルモン変動に合わせて、うまく作用するように処方されています。必要最小限のホルモンで構成され、過剰なホルモンを取り込まないため、安心して服用することができます。

定期的に順番に服用することが大切で、正しく活用することで、ほとんどの場合、100%避妊作用を得ることが可能です。トリキュラーに配合されている成分は、口当たりの良いホルモン剤そのものです。レボノルゲストレルは黄体ホルモンであるプロゲステロンを、エチニルエストラジオールは卵胞ホルモンであるエストロゲンを模倣しているのです。

低用量ピルは、プロゲスチンの製剤の種類や能力が異なる数多くの種類の一つです。低用量ピルの代名詞ともいえるのが、トリキュラー、アンジュ、マーベロン、ヤーズなどです。アンジュはあすか製薬から発売されている低用量ピルで、トリキュラーと同じ成分です。出所が違うだけで、効果も、作用や副作用もほぼ同じです。妊娠を希望する場合は、服用を中止することが望ましいです。服用を凍結すると、避妊効果がなくなり、30~60日ほどで月経が再開されるはずです。

トリキュラーは、ドイツのバイエル社によって開発された経口避妊薬です。低用量ピルの代表格で、日本でも多くの婦人科・産婦人科で処方されています。女性ホルモンである卵胞ホルモン「エストロゲン」と黄体ホルモン「プロゲステロン」は、女性仕様の開発、妊娠、出産、スタイルパフォーマンスの受領などに緊急に関係する非常に重要なホルモンです。これらのホルモンのアップダウンにより月経周期が発生し、妊娠・出産が成立しています。

トリキュラーは、人工のホルモンであるエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)とレボノルゲストレル(黄体ホルモン)で構成されているとされています。月経の流れを模してそれぞれのホルモンを供給し、脳に妊娠したと錯覚させるのがトリキュラーの機能です。また、ホルモンバランスを整えることで、ニキビやブツブツの回復、生理痛や生理不順の緩和などの効果もあるとされます。

トリキュラーの臨床試験では、924人中920人がトリキュラーの摂取期間中に妊娠せず、1回の間隔が28日線と15度(およそ420日線)であることから、今後どうすればいいのかが見えてきたのです。臨床試験の結果、トリキュラーの避妊成功率は99%であることが判明しています。

タイトルとURLをコピーしました