ルプラック 通販ショッパー【トール・ダイトール】

トール20mg(ルプラック・ジェネリック)

ダイトール10mg(ルプラック・ジェネリック)

 

 

 

 

ルプラックに関する説明(通販ショッパー)

トラセミドを有効成分とするルプラックなどの尿路性器剤は、カリウムの排便を抑制するためのループ利尿剤です。フロセミドは短時間作用型であるのに対し、トラゼミドは長時間作用型である。このため、トラゼミドは慢性期の患者さんに適しており、心不全による死亡率はフロセミドよりもトラゼミドの方が低いという研究結果も出ています。

カリウムは体内に取り込まれる電解質で、利尿作用が強いため尿と一緒に排泄されすぎると低カリウム血症になることがあります。そのため、ラシックスを服用する際は、カリウム不足に注意が必要です。ルプラックの有効成分であるトラセラミドは、腎臓に作用して体に必要のない水分を出すようにします。そのため、むくみや食事制限の軽減が期待できます。また、新しいものと不純物を一緒に排出することができるため、解毒作用もあります。

トール20mは海外の医薬品であるため、成分の嵩が高い薬です。ピルカッターなどで4~8mgの音に分割して、1年間成分上限まで服用することが推奨されています。浮腫は、心臓や肝臓、腎臓の働きが鈍くなり、体に必要な水分が消費されなくなることで起こります。トラセミドは、心臓や肝臓の負担を軽くし、実のない唾液の分泌や腎尿細管に浸透する水分のかさを減らすことで尿量を増加させます。

トラセミドは、カリウムが体内で変換されるのを防ぐことで、低カリウム血症の出発のリスクを下げることを目的としています。また、トラセミドは、脂肪酸の補充や耐糖能に若干の感作があり、心不全の予後を高めることが知られています。ルプラックの利尿作用を適度に得るためには、体内で使用する量を推奨される部位や必要な部位に調整することが重要です。

利尿剤のラシックス(フロセミド)は世界的に特に有名ですが、ルプラックはラシックスと同じ関連性を持ち、作用機序も変わっていない利尿剤です。ラシックスよりも利尿作用が強く、「低カリウム血症」の副作用が出にくいことが特徴です。現在、個人輸入が禁止されているフロセミド(ラシックス)と比べると、利尿作用は約10~30倍、浮腫み止め作用は約10倍と言われており、フロセミドの代替薬として多くの人に利用されています。

体内の毒素が排出されずに体内に残っていると、細胞が水分を多く含んでむくみます。さらに、脂肪細胞に変化して体内で止まり、脂肪やセルライトの畑になってしまうので、確実にむくみを取りたい方に人気です。ルプラックには、1錠あたり強力な利尿作用を持つトラゼミドが10mg含まれています。トラゼミドの10mgは、日本での初回投与推奨量のおよそ2倍なので、1錠を半分に割って服用しても効果が期待できます。ラシックスを服用すると低血圧などが気になる方にもルプラックはおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました