ヤスミン 通販ディビジョン(ピル)

ヤスミン(ヤーズ配合錠)

ヤズ(ヤーズ配合錠)

 

 

 

 

 

ヤスミンに関する説明(通販ディビジョン)

日本では流通していない海外製の低用量ピルですが、日本の医療機関で無数に使用されている低用量ピル「ヤーズ」の後発品です。 有効成分としてドロスピレノン3mgを含有しています。黄体ホルモンの一種で、下垂体に作用して性腺刺激ホルモンを抑え、卵胞の成長を抑制し、排卵が始まらないようにする。また、体内の水分と塩分を一元化する作用があるとされ、太りにくい体質づくりが期待できます。

低用量ピルを服用して女性ホルモンを体内に取り込むことで、脳下垂体が「女性ホルモンがたくさん分泌されている=妊娠している状態」と判断し、卵胞の成熟、排卵、子宮内膜の増加などが確認されるのだそうです。
ヤスミンに含まれる黄体ホルモン(ドロスピレノン)にはアンドロゲン作用がないため、ニキビやムダ毛などの副作用を軽減することができます。ヤスミンの有効成分は、黄体ホルモン製剤であるドロスピレノン3mgと卵胞ホルモン製剤であるエチニルエストラジオール0.03mgです。

長期にわたって体内に取り込むことで、男性ホルモンが原因で発症するニキビや多毛症、脱毛を縮小し、卵巣がんの予防にも効果があるとされています。効果としては、合成卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールを0.03mg、黄体ホルモンであるドロスピレノンを0.3mg配合し、下垂体に作用して性腺刺激ホルモンであるゴナドトロピンの分泌を小型化し、それによって排卵を抑制することができます。

子宮内膜は受精卵のベッドとなり、その増殖・肥厚により受精卵が子宮に付着しやすくなりますが、子宮内膜が抑制されると卵子が子宮に付着しにくくなり、妊娠が成立しにくくなると言われています。ヤスミンは、従来の低用量ピルの避妊効果を維持しつつ、ニキビやムダ毛などの副作用の発生を抑えるように設計されています。また、ヤスミンは子宮内膜の増殖を抑え、受精卵が固まって浮き上がりにくくする効果や、子宮頸管粘液を整え、精子の子宮への発育を抑制し、避妊効果を高める効果もあります。

また、女性ホルモンを外部から供給することで、適切な月経周期を身につける効果もあります。また、低用量ピルで繰り返し起こりがちなニキビの副作用に悩む女性にもおすすめです。ヤスミンは、バイエル社が開発した第4世代の超低用量ピルに属する経口避妊薬で、低用量ピルに比べて高体重、むくみ、ニキビの発がん性などの副作用が少なくなっています。定期的に補充することで排卵回数をコントロールし、望まない妊娠を防ぐことができます。

ヤスミンは、21錠タイプの新しい第4世代の低用量ピルです。避妊だけでなく、むくみの解消やニキビの治療・ガード、更年期障害へのダウンタイム効果もあります。副作用が少ないため、人気のある避妊薬です。

ヤスミンは、従来の低用量ピルに比べてホルモンの配合量が少ないため、超低用量ピルとも呼ばれています。低用量ピルには多くの種類があり、初代から4世代に分類されていますが、ヤスミンは最新の第4世代低用量ピルです。ヤスミンは、月経困難症や月経異常の治療にも使われます。受精がうまくいかないと子宮内膜がはがれ、下腹部が露出し、その頼もしい痛みと吐き気、それに伴う憂鬱な気分が、月経困難症の症状としてあらわれます。

タイトルとURLをコピーしました