イトラコナゾール 通販メンション【最安値購入方法】

イトラゾール100mg(イトラコナゾール)

 

 

 

ニゾラールクリーム2%

ファンギノックスソリューション(ケトコナゾール2%ローション)

 

 

 

 

 

イトラコナゾールに関する説明(通販メンション)

日本でも効くところで処方されているトリアゾール系抗真菌薬イトリゾールと同じ有効成分イトラコナゾールが含まれていると推測される。エルゴステロールの合成を阻害することで真菌の増殖を抑え、さらに真菌を死滅させます。イトラコナゾールは体内で酸化されにくく、その効果は長く続くと言われています。そのため、水虫、カンジダ症、白癬など、真菌が原因で起こる感染症の治療に広く用いられています。

イトラコナゾール錠は、白癬菌やカンジダ菌による様々な真菌感染症の治療に適した抗真菌薬です。
イトラコナゾールは、日本ではイトリゾールとして処方されています。イトラコナゾールは、真菌(カビでも可)による真菌症の治療に使用できます。

イトラコナゾール錠の有効成分であるイトラコナゾールの有効性は、水虫を含む真菌感染症患者を対象としたイトラコナゾールの臨床試験で証明されています。この臨床試験は、パルス療法と呼ばれる方法で、合計52名の水虫患者を対象に行われました。パルス療法は、イトラコナゾール200mgを1日1回1週間服用し、その後3週間の休薬期間を設け、12週間の間に3回足踏みをすることで、摂取を早め、有効成分の総和を減らすというものでした。

抗真菌薬の効果は有効成分によって完成されるため、イトラコナゾールの含有量が均一なスポラノックス錠とイトラコナゾール錠は同等の効果が期待できるのです。コストと効果のバランスに優れたイトラコナゾール錠は、治療単価を抑えながら水虫を治したいというお客様に適した製品です。イトラコナゾールなどのアゾール系抗真菌剤は、全身で酸化されにくく、脂溶性であるため、体内に長く留まり、効き目が持続するという特徴があります。

有効成分のイトラコナゾールは、足白癬(水虫)、爪白癬、頭部白癬、体部白癬、股部白癬、カンジダ菌によるカンジダ症などの真菌症治療に使用されます。特に治療が困難な白癬の治療にも数え切れないほど使用されています。真菌の薬は、人間には影響がないが、人間以外の霊長類には毒性がある。真菌の細胞は霊長類と同じような細胞膜を持っているが、ヒトの細胞とは異なり、真菌の細胞はコレステロールではなく、エルゴステロールで構成されています。エルゴステロールの働きを阻害することで、真菌は前進することができなくなるのです。そのため、真菌薬は菌に影響を与えることなく、真菌にも効果を発揮するのです。

白癬菌やカンジダ菌による皮膚症状は軟膏薬で治ることが多いですが、特に水虫など軟膏薬では治りにくい要素には内服薬の方が効果的です。スポラルは全真菌感染症にも有効で、特に水虫の治療に反映されます。また、従来通り、カンジダ接触感染症(性器、膣、食道、口腔)の治療にも活用されています。イトラコナゾールは、重症の水虫や皮膚のカンジダ症、白癬などにも効果があり、外用薬ですぐに効果が得られなかった方にも人気があります。食後に1~2錠飲むだけという手軽さも、人気の必然的なポイントです。

タイトルとURLをコピーしました