アイピル 通販ブリッジ

アイピル(アフターピル)

 

 

 

トリキュラー21

 

 

 

 

アイピルに関する説明(通販ブリッジ)

アイピルはかなり高い確率で妊娠を防ぐことができますが、確実に妊娠を防ぐことができるわけではありません。コンドーム使用などの避妊手段が損なわれた、あるいは行われなかった場合に、性交後の緊急体制に組み込むためのもので、通常の経口避妊薬と同じように妊娠を除去するものではありません。

アイピルは、摂取後約3時間経過しないと効果がありません。排卵の遅延と取り締まりは、有用性の発現と同時に開始される。アイピルが避妊脱出を果たしたかどうかを診断するためには、次の出血を待つか、第一次救命期間を経過してから市販の妊娠薬を用いて診断する必要があります。アイピルは、処方薬として有名な緊急避妊薬「ノルレボ」のジェネリック医薬品です。ノルレボがフランスの製薬会社によって作られたのに対し、アイピルはジェネリック大国であるインドのシプラ社によって作られています。

アイピルは、ノルレボ錠のジェネリック医薬品です。レボノルゲストレルが同量含まれているため、アイピルもノルレボ錠と同じ妊娠阻止率が期待できます。アイピルは、性行為後72時間以内に水またはぬるま湯で服用します。24時間以内に服用した場合は95%、72時間以内に服用した場合は約85%の避妊効果が期待でき、避妊の割合が限りなく高くなります。i-pillは性行為が終わった後、できるだけ早く服用することが推奨されています。

アイピルは、避妊に失敗した後の意図しない妊娠を防ぐための、簡単で心配のない方法なのです。アイピルを通販で購入すれば、いざという時でも慌てることなく、安価に緊急避妊を始めることができます。アイピルを服用することで、人工的に子宮内膜をはがし、生理と同じイベントを起こすことで、生理を急がせたり、生理を延期させたりすることができます。ご主人とのデートや取引先との旅行、女性の三文の徳としてご利用いただけます。使用方法を守って、あくまでも変り種薬として服用してください。

有効成分であるレボノルゲストレルの緊急避妊効果は、先発医薬品ノルレボ錠の臨床試験で確認されているものと推測されます。臨床試験は、63名の女性に対し、性交後72時間以内にノルレボ錠1.5mgを投与する当該方法によって達成されたものです。臨床試験の結果、63名の評価のうち6名が緊急避妊に成功しました。これをもとに、妊娠抑制率100%(避妊に成功した割合)が考案されました。

アイピルとノルレボは有効成分が同じなので、効能・効果は同じですが、値段に差があります。医療機関で緊急避妊薬を処方してもらうと1万円以上かかるのに対し、アイピルは1錠1,500円以下で購入できることを考えると、関係性があるといえるでしょう。

行為後24時間以内に服用すれば95%、72時間以内に服用すれば75%の避妊率があり、効能が希薄なため、翌朝、訪問先から服用する女性が多いことからモーニングアフターピルとも呼ばれています。日本では「ノルレボ錠」(あすか製薬/武田薬品工業)という有名な薬品名で販売されている、レボノルゲストレル1.5mgという成分を含むジェネリック医薬品です。

タイトルとURLをコピーしました