ケアプロスト 通販ブリッジ

ケアプロスト(ルミガン・ジェネリック)

 

 

 

ビマット(ルミガン・ジェネリック)

 

 

 

 

ケアプロストに関する説明(通販ブリッジ)

ケアプロストには、まつ毛を長く、太く、はっきりと成長させる効果があります。ケアプロストは、まつ毛貧毛症に悩む方法だけでなく、まつ毛の健全性を高めたいという前向きな方法にも有効です。本来は緑内障の治療薬ですが、まぶたに使用することでまつ毛の成長を促進し、強く太いまつ毛にすることができます。

まつ毛の埋没法や大掛かりなカラー、まつ毛エクステをしなくても自まつ毛を開くので、まつ毛に対するまぶたの権限が小さく、自然なアップが期待できるのです。ケアプロストなら、まつ毛エクステやつけまつ毛のように、まつ毛がつぶれてしまう心配もありません。ケアプロストの最大の魅力は、美容クリニックに通って施術を受ける手間や、昼前に毎回シールで貼って身支度を整える必要がないことです。

ケアプロストは、まつ毛の育毛や増毛に効果が期待されています。副作用が少ないと言われていますが、塗布した部分が着色する、かゆみが出る、目頭が充血するなどの告知があります。ケアプロストは、日本の医療機関で処方されると1本2万円もするグラッシュビスタより安価ではあるが、同等の効果が期待できます。

グラッシュビスタの製造元であるアラガン・ジャパンは、海外で臨床試験を行い、まつ毛の移動距離や乗り具合、まつ毛の豊かさやツヤなどが増加したという結果を出しています。安全性については、緑内障や高眼圧症などにも開発されており、以前から研究されており、十分に確立されています。継続使用により確保できる効果は、睫毛の距離が25%倍増、密度が106%強化、濃淡が18%増加などです。

即効性には個人差がありますが、多くの方が2ヶ月の使用で効果を実感され、4ヶ月の使用で最大の効果を得られると言われています。それ以外でも、効能を持続させるためには継続的な使用が必要です。日本では、ケアプロストと同成分の薬剤を処方してもらうことが可能です。ケアプロストを採用した薬剤は、緑内障治療薬のルミガン、まつ毛増幅剤のグラッシュビスタです。ルミガンは緑内障の治療薬として処方された場合、保険が適応され3割の自己負担となり、グラッシュビスタはまつ毛の増幅のために処方された場合、保険が効かず全額自己負担になります。

ビマトプロストは緑内障の治療薬として使われていましたが、まぶたに使用すると、まつ毛をより濃く、長持ちさせる力があることが判明しました。そこで、ビマトプロストによるまつ毛貧毛症治療、いわばグラッシュビスタのオークションが2014年3月に開始されました。ケアプロストの効能を最大限に発揮できるのは4ヶ月に1回の収入で、4ヶ月に1回の収入後は、効能を維持するために2日に1回使用する必要があります。ケアプロストの塗布を中止した場合、約2ヶ月で帰宅となります。まつげエクステ(まつエク)の費用は、1回あたり平均7,000~8,000円程度です。月1回の収入を守る頻度で通うと、8,000円以降は年間10万円近く経費側がかかることになります。

タイトルとURLをコピーしました