クラビット 通販井上薬局

レボフレックス250mg(クラビット・ジェネリック)

エルクイン500mg(クラビット・ジェネリック)

レボクイン500mg(クラビット・ジェネリック)

 

 

 

 

 

クラビットに関する説明(通販井上薬局)

クラビットの有効成分であるレボフロキサシンは、細菌のDNA複製を阻害する殺菌作用の形で抗菌活性を示します。レボフロキサシンは、DNAの生成に関与するDNAジャイレースとトポイソメラーゼという2つの酵素を阻害します。クラビットの有効成分であるレボフロキサシンは、病気の原因となる細菌の増殖を抑制することで、接触感染症の殺菌に効果を発揮します。コレラ菌やサルモネラ菌などの細菌、膀胱炎、咽頭炎、扁桃炎(おでんに限らない)などの呼吸器系接触感染症、気管支炎、肺炎、中耳炎、副鼻腔炎などに予想以上に使用されています。

クラビットジェネリックは、クラミジアの劇薬として知られている抗生物質です。インフルエンザには実質的な効果はありませんが、予防薬として販売されています。行為の前に服用することで防御にもなるとされます。様々に活用されているクラビットの治療効果は、性器クラミジアだけでなく、様々な細菌感染症でその影響が実証されています。クラミジア・トラコマティス、マイコプラズマ、レジオネラ菌と呼ばれるものは、予期せぬ細菌の増殖を抑え、殺菌する際に効果を発揮します。

1錠にレボフロキサシンが500mg含まれており、ニューキノロン系抗生物質の中で最も抗菌作用が顕著で、すでにある薬剤の約2倍と見られています。ニューキノロン系抗生物質は、多くの種類の病原菌に対して殺菌効果があり、服用後の体内記憶率が非常に高く、体内の臓器に吸収されやすいため、様々な種類の病原菌による病気の治療に使用されています。

クラビットジェネリックは、性感染症の治療のほか、膀胱炎や肺炎、腸炎などにも効果があります。クラビットは副作用が出にくいため、服用しやすい薬として多くの人に親しまれている薬です。通常使用されるニューキノロン系抗生物質であるオフロキサシンの約2倍の抗菌力があり、しっかりとした抗菌作用が特徴です。日本では、クラビットは販売薬としての裏付けが認められていないため、類似薬を調剤薬局で店頭購入することはできません。

クラビットの副作用は控えめだとされています。しかし、頭痛や立ちくらみ、下痢、吐き気と呼ばれるものが起こる心配がある方もいらっしゃるかもしれません。これらの症状や異常が出た場合は、すぐに服用を中止する必要があります。クラビットなどのレボフロキサシン製剤は、便秘の細菌による症状や難治性の接触感染症に効果があるため、従来治療に使われていたオフロキサシン製剤に取って代わりました。

クラビットの有効成分はレボフロキサシンです。レボフロキサシンはニューキノロン系抗生物質と呼ばれる分類に属する薬であることが必要です。クラビットは、膀胱炎や尿道炎の原因となる細菌や、淋病やクラミジアなどの性感染症に対して、しっかりとした殺菌作用を持つ抗生物質です。DNAの複製に重要なDNAジャイレースという酵素を阻害する。これにより、細菌の細胞分解を阻害し、細菌を倒すことができます。

タイトルとURLをコピーしました