アイピル 通販クイーンjp

アイピル(ノルレボ)アフターピル

エラ(エラワンジェネリック)

 

 

 

 

 

アイピルに関する説明(通販クイーンjp)

アイピルは速やかに服用できる優れた緊急避妊薬で、クリニックや病院を受診してドラッグストアでピルを入手するまでの時間が命取りになることもあります。産婦人科でノルレボ錠を処方してもらうよりも、ずっと安価に緊急避妊ができます。事前に通販でアイピルを購入し、手元に置いておかれるのも一つの選択肢です。

アイピルは従来の緊急避妊薬と異なり、副作用が少なくとどまります。薬を折り返すと3、4日軽く、遅くとも2週間以内に月経のような出血がある形を消退出血といいます。避妊成功の判断基準に結びつきます。海外では、辱めを受けるなどして緊急避妊が必要な場合、ドラッグストアで緊急避妊薬を入手することができます。しかし、日本では販売されておらず、病院施設で処方してもらう必要があります。いざという時に緊急避妊薬を通販で購入しておくと安心かもしれませんね。

アフターピルは、医師から処方される場合、非常に高額になります。フレッシュな女性が働く病院で治療を受けなければならない恥ずかしさや、妊娠への不安はあるものの、経済的負担が大きく、悪い地域も多いので、緊急避妊薬の使用には通販がおすすめです。アフターピルは通常の低用量ピルとは異なり、毎日同じ時間に服用する手間がなく、低用量ピルと同じ日に服用できるのが特徴です。そのため、いざというときのために、あらかじめアイピルを携帯している人も多いようです。

アイピル(i-pill)は、緊急避妊薬で、ノルレボのジェネリック医薬品です。避妊の失敗がわかってから24時間以内に服用することで、95%の避妊効果を発揮します。排卵は、残っている性腺刺激ホルモンの一つである黄体形成ホルモンが全身に多量に分泌されることで起こります。アイピルによって黄体形成ホルモンの分泌が一時的に減少すると、排卵に必要な量に達するのが遅れます。そのため、排卵が遅れたり、卵胞が変化して排卵そのものが起こらず空っぽになったりすることがあります。

インドの大手製薬会社ピラマル・ヘルスケアが開発した緊急避妊薬(アフターピル)です。緊急避妊薬「i-pill」(アイピル)は、通信販売で購入することができます。誤った無防備な行為や避妊に失敗した後の意図しない妊娠を安全かつ簡単に防ぐことができます。有効成分のレボノルゲストレルは、日本では緊急避妊薬としても使用され、医療機関に置かれています。

アイピルを服用すると、女性ホルモンの均衡が変化し、排卵がモラトリアム状態になり、受精卵の着床が保護されます。一時的にホルモンバランスを崩す目的で、強制的に月経を起こさせ、妊娠を妨げることができるのです。アイピルは72時間以内の避妊効果が75%で、24時間以内に投与できない場合は3日間の猶予期間が設けられています。アイピルはピラマル・ヘルスケア社が製造・販売しており、ノルレボの後発品であるため、通信販売で安価に入手でき、安全性にも優れています。

タイトルとURLをコピーしました