メニュー

お子様のアレルギー

気管支ぜんそく・アトピー性皮膚炎・、アレルギー性鼻炎 など

お子様のアレルギーについてご相談ください。

  • 気管支ぜんそく
  • 食物アレルギー
  • アトピー性皮膚炎
  • じんましん

気管支ぜんそくについて

喘息は、発作性に「ヒューヒュー」「ゼーゼー」(喘鳴)を伴う呼吸、反復する咳、などの息苦しい症状が繰り返しみられる病気です。「ヒューヒュー」「ゼーゼー」は空気の通り道である気管支が狭くなり空気が通りにくくなって出る音で喘鳴と言います。この喘鳴は息を吐く時に最もよく聞こえます。

どうして喘息はおこるのか

鼻や口から侵入したホコリやダニなどのアレルゲン、風邪ウイルス、冷気、煙などのさまざまな刺激により気道内壁が傷つけられ、気道敏感性が高まります。その結果、気道の中でも気管支や細気管支の壁にある筋肉が収縮(攣縮)するとともに、気道粘膜がむくみ、粘液分泌物が多くなるため気道が狭くなります。このため空気が通りにくくなり「ヒューヒュー」「ゼーゼー」し、呼吸が苦しくなります。これを喘息発作といいます。この発作は、自然に、または治療により軽快消失します。喘息発作がおさまった後でも気道内壁が傷つけられ気道過敏性が持続します。喘息発作を起こすたびに気道内壁は傷害を起こし、その回数が多く、発作が重いとますます気道過敏性が高まり、喘息発作を起こしやすくなります。

喘息かどうか

上記のような典型的な発作を繰り返す場合には、診断は容易です。しかし、乳幼児や発症初期で咳程度の軽い症状を自覚する場合には、診断が難しい場合が少なくありません。 乳幼児は風邪をひくと「ゼロゼロ」「ゼーゼー」、幼児でも「ゼーゼー」「ヒューヒュー」を伴うことが多く、喘息と間違うことがあります。喘鳴の原因は、気管支喘息以外にも1.先天性、発達の異常に基づく喘鳴や2.感染症に基づく喘鳴の場合があります。「この子は喘息かもしれない。」と思う前に医師に相談してください。

先天性、発達の異常に基づく喘鳴 感染症に基づく喘鳴
  1. 先天性心疾患
  2. 大血管の奇形
  3. 気道の解剖学的異常
  4. 喉頭軟化症
  1. クループ
  2. 細気管支炎
  3. 気管支炎
  4. 肺炎

喘息の発症には小児喘息は遺伝的因子(アトピー:遺伝的に過敏な体質)と環境因子が組み合わさって発症します。

1.アレルゲンは何か

喘息はアトピー型と非アトピー型に分けられます。小児喘息の多くはアトピー型で、ヒョウヒダニやペット、カビに過敏なことが多い。

2.喘息の危険因子

アレルギー以外でも下記のことが原因や誘因となって喘息発作が起こることがあります。

  • 受動喫煙
  • 激しい運動
  • 天候の変化
  • ウイルス感染

発作程度と重症度

喘鳴、顔色、生活状態(遊び、会話、食事、睡眠)、意識状態などから小発作、中発作、大発作、呼吸不全など発作程度を判定します。さらに、ある期間にどの程度の発作が、どのくらいの頻度で起こったかを指標に喘息の重症度を判定します。このように発作程度および重症度を判定することは、それぞれ発作時の治療や非発作時の治療を的確に行ううえで重要です。

治療

治療目標の原則
  • スポーツを含め日常生活を普通に行うことができること
  • 喘息の症状がないこと
  • 肺機能が正常になること
  • 治療による副作用のないこと
1.発作時の治療

気管支の筋肉の収縮を除き拡張させる気管支拡張剤が使われます。発作の程度(大、中、小発作、呼吸不全)、持続期間などに応じて、下記の薬剤を組み合わせて内服、吸入、静脈注射、点滴などの方法で使用します。

  • 気管支拡張剤(吸入/内服)
  • 抗アレルギー剤(内服)
  • ステロイド剤(内服/静注/吸入)
  • テオフィリン製剤(内服/点滴)
2.発作後の治療

喘息発作がおさまった後でも、気道の傷害および過敏性を抑えるために日常的に治療を行うことが必要です。治療は喘息の重症度により、抗アレルギー薬、吸入ステロイド薬、テオフィリン徐放剤、β2刺激剤などを組み合わせたオーダーメイドの治療を行います。

3.薬物療法のみでは治療効果は得にくく、環境整備も合わせて行います。
  • 家庭内アレルゲン(ダニ、ほこり、ネコ・イヌのフケ)を取り除く   よく掃除をするじゅうたんは、ほこりがたまりやすいので、敷かない。寝室のほこりや寝具にはとくに気をつける。
  • 受動喫煙回避。のどや鼻の刺激になるものは遠ざける。たばこの煙、蚊取り線香、花火、ペンキ、接着剤、防虫剤など
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME