アボダート 通販ソーシング

アボダート(デュタステリド0.5mg)

 

 

 

デュタボルブ(デュタステリド0.5mg)

 

 

 

 

 

アボダートに関する説明(通販ソーシング)

フィナステリドを有効成分とする育毛剤といえばプロペシアが有名ですが、アボダートはフィナステリドよりも効果が高いといわれるデュタステリドを第一成分に追加しています。従来の毛髪希少治療で効果が認められない方が主に使用するAGA治療薬です。5αリダクターゼ2型は毛乳頭を中心に多く存在します。これまではどちらか一方に作用する育毛剤しかありませんでしたが、アボダートはこの両方に対応した治療薬です。有効成分のデュタステリドが5αリダクターゼとテストステロンの結合を阻害することで、発毛に効果を発揮します。

アボダートの前立腺肥大症に対する治療効果は、50歳までの前立腺肥大症患者を対象に実施した臨床試験で明らかになりました。プラセボ(成分が一緒に入っていない偽薬)で行った確認試験では、アボダート服用1年後の前立腺のかさ減少の可能性と比較した場合、アボダートを服用した顧客では33.8%のダウンが見られました。プラセボのダウン確率は10.8%であり、アボダートの前立腺肥大症治療における有用性が示されました。

アボダートはイギリスのグラクソ・スミスクライン(GSKファーマ)が販売している医薬品で、主にAGA治療薬として使用されているほか、ジェネリック医薬品であるデュタステリドも販売されています。もともとは前立腺肥大症の治療薬でしたが、現在はAGA治療のために使われることが多いです。

プロペシアの有効成分フィナステリドは、2種類目の5α還元酵素を阻害することでDHTの生成を抑制し、脱毛を抑止しますが、アボタード(アボダート)0.5mgの有効成分デュタステリドは2種類目の5α還元酵素を阻害するのが特徴です。アボダート0.5mgの有効成分デュタステリドは、フィナステリドの3倍の脱毛を妨げるだけでなく、5α還元酵素の1型にも作用するため、より高度にDHTの生成を抑制することが可能です。男性の男性型脱毛症にのみ有効であり、その他の男性の脱毛症には使用できません。また、女性の脱毛症にも使用することはできません。

アボダートは、重度のAGA(男性型脱毛症)や、従来の薄毛治療で十分な効果を得ることができなかったお客様向けのAGA治療薬となります。AGAは、5αリダクターゼという酵素が男性ホルモンであるテストステロンと結合してジヒドロテストステロンを生成し、髪の成長ペースを乱すことで発症します。この酵素の作用は、主に皮脂腺に存在する1型5αリダクターゼと、髪の少ない脂性の人にかなり多い2型5αリダクターゼに分けることができます。

タイトルとURLをコピーしました