クラリチン 通販ボックス

クラリチンジェネリック10mg

 

 

 

アレグラ180mg

 

 

 

 

 

クラリチンに関する説明(通販ボックス)

クラリチンは、アレルギー症状を引き起こす成分であるヒスタミンの働きを阻害することで、真の抗アレルギー効果を発揮します。花粉症や蕁麻疹とされるものなど、多くの病気の治療で服用されることが想定されています。クラリチンは、花粉症に効果のある抗ヒスタミン薬の中でも眠気の副作用が少ないことから、アレグラと並んで人気のある薬です。第一世代抗ヒスタミン薬よりも残効時間が長く、即効性があり、抗ヒスタミン薬の最大の欠点である眠気と呼ばれるものを軽減できることから、第二世代抗ヒスタミン薬と呼ばれています。

ヒスタミンは、細胞に摂取され、花粉などのアレルギーの原因物質が細胞に付着すると、ヒスタミンを含む化学物質が発射されてアレルギー症状が起こります。クラリチンは、ヒスタミンを抑える抗アレルギー作用と、ヒスタミン受容体に結合してヒスタミン自体の結合を阻害する抗ヒスタミン作用の2つの作用により、アレルギー症状のくしゃみ・鼻水・鼻づまりを軽減します。

クラリチンは、アレルギー性疾患の治療薬です。アレルギー性鼻炎、じんましん、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を軽減します。くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状が出た場合、服用後すぐにこれらの症状を止める抗ヒスタミン剤は、鼻炎を抑える力がありますが、眠気を催すこともあります。クラリチンは、遊離ヒスタミンがヒスタミンH1受容体に結合するのを阻害するH1受容体拮抗薬です。クラリチンの有効成分ロラタジンは、くしゃみ、鼻水、鼻づまりに関与するケミカルメディエーターの放出を抑制し、H1受容体の結合も阻害します。

花粉症の予防対策として使用する場面では、花粉の飛散が収まるまで飲み続ける必要性があるため、まとめ買いすることで1日のコストを安価に変えることができます。効果が現れるまでに時間がかかりますが、効果の持続時間は軽度の花粉症薬の中では一番長いです。ヒスタミンの意見を抑えることでアレルギー症状を緩和し、コリン受容体などと結合しないことを目的に眠気などの副作用も軽減します。クラリチンは花粉症の緩和のほか、ダニによる通年性アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹、皮膚炎など)に伴うかゆみなどの症状にも有効です。

花粉症の治療薬としてクラリチンを服用する場合、おすすめの飲み方があります。クラリチンの服用は、花粉症が流行する時期、その直前から始めましょう。クラリチンを早めに飲み始め、花粉症のシーズンが終わるまで飲み続けると、花粉症の症状を軽減することができます。従来の抗ヒスタミン剤に比べ、眠くなることが少ないので、車を使った作業などでも現状は服用は可能ですが、対症療法薬なので、症状の原因のには効果がないことにご注意ください。

クラリチンは、スギやヒノキなどの花粉末によるくしゃみ、鼻水、寝起きの鼻づまりなどのアレルギー症状を緩和します。事前にクラリチンを服用することで、花粉症の発症を先延ばしにし、花粉症を予防することができます。主成分のロラタジンは、アレルギー反応の要因であるヒスタミンとH1受容体の結合を阻害し、花粉症、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹などの症状を軽減する効果があります。

タイトルとURLをコピーしました