マーベロン 通販ディビジョン

ノベロン(マーベロン・ジェネリック)

フェミロン(マーベロン・ジェネリック)

 

 

 

 

マーベロンに関する説明(通販ディビジョン)

マーベロンはMSD社が開発した経口避妊薬で、一相性分類の低用量ピルであり、ホルモン量を抑制しながら優れた避妊効果を発揮します。正しい飲み方をすれば、極限まで100%に近い避妊効果を得ることができます。低用量ピルは第1世代から第4世代に分類されますが、マーベロンは第3世代の低用量ピルになります。マーベロンはエストロゲン成分含有量が見えないため、体に優しい&副作用の少ない低用量ピルとして評価されるようになったようです。

マーベロンは、大手製薬メーカーのMSDが大量に生産している低用量ピルで、日本では産婦人科医で最も多く処方されているピルの一つです。マーベロンは避妊薬としてだけでなく、生理痛の緩和、定期的な服用による月経リズムの正常化などにも効果があります。飲み忘れ防止のためのプラセボ(偽薬)付きの28錠、なしの21錠の製品があります。ニキビやムダ毛、不正出血などの副作用を軽減する黄体ホルモンであるデソゲストレルを配合した第三世代の経口避妊薬です。一相性ピルなので、うまく飲めない心配はありません。マーベロンのジェネリック医薬品は、オレント社のオルガノン社が販売しています。

マーベロンのような低用量ピルには、避妊効果に加え、生理痛や生理不順の改善、更年期障害の予防などが期待されています。マーベロンではありませんが、日本には子宮内膜症に伴う月経困難症に保険適用されるピルがあります。低用量ピルは排卵を抑制することで、卵巣や子宮を休ませ、ホルモンのプロポーションを維持することができます。そのため、避妊以外の効果も大きいのです。例えば、月経困難症、PMS(月経前症候群)、子宮内膜症、更年期障害、難治性にきびなどに評判の治療薬です。また、デソゲストレルは子宮内膜を保持する効果が高いため、他の黄体ホルモン系の低用量ピルよりも不正出血が起こりにくいとされています。

マーベロンは避妊だけでなく、特にニキビの治療に効果があると言われています。ホルモンバランスが崩れたり変化すると、皮脂分泌を過剰にするアンドロゲン(男性ホルモン)が作用しやすくなり、ニキビができやすくなったり、肌荒れしやすくなったりするのです。また、低用量ピルを服用することで、ある程度の美肌効果も期待できます。

。マーベロンの主な避妊作用は、排卵を抑制することです。このほか、子宮内膜の調整、子宮の床付き抑制、乳幼児の足腰の抑制などの作用もあります。基本的な服用方法は、月経のある2日間まで1日1錠を目から服用し、その後7日間薬ストップするというものです。

タイトルとURLをコピーしました