メニュー

小児科一般の病気

発熱、風邪(かぜ)、頭痛、結膜炎、鼻水・鼻づまり、のどの痛み、咳(せき)、下痢・嘔吐、腹痛、中耳炎、ひきつけ(けいれん)などの診療を行っています。

気管支炎、喘息(ぜんそく)、肺炎、クループ症候群、細気管炎などの呼吸器疾患や、水痘、麻疹、風疹、おたふくかぜなど伝染性疾患、胃腸炎、便秘などの消化器疾患、鉄欠乏性貧血、便秘、肥満、夜尿(おねしょ)などの慢性疾患といった、多岐にわたる小児科一般の病気を診断・治療しています。

必要な検査(血液検査、尿検査、感染症迅速診断など)は行い、早期に診断・治療ができるよう努めています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME