ジスロマック 通販web窓ロ

ジスロマック500mg

アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ジスロマックに関する説明(通販web窓ロ)

ジスロマックに代表されるマクロライド系抗生物質は、他の抗生物質では無効とされるクラミジア属やマイコプラズマ属、一部のグラム陰性菌に有効であり、黄色ブドウ球菌や肺炎球菌などのグラム陽性菌にも有効であることが特徴です。ジスロマックは、アジスロマイシンを有効成分とするマクロライド系抗生物質で、クラミジアの治療に望ましい薬剤として知られており、ファイザー社が製造・販売しています。ジスロマックはアレルギー反応がほとんどないため、ペニシリンやセフェムなどの抗菌薬にアレルギーがある方でも服用することが可能です。

ジスロマックの有効成分は、アジスロマイシン水和物です。ファイザーが開発した業界初の15員環マクロライド系抗生物質で、急性接触感染症の治療に必要な幅広い抗菌スペクトルを有しています。マクロライド系抗生物質は静菌的に作用すると言われていますが、ジスロマックは単回服用で効果的に効果を発揮するために、殺菌的に作用することも可能です。

また、歯周病や副鼻腔炎、マイコプラズマ肺炎など、クラミジア以外の病気の治療にも使われます。ジスロマックは、幅広く活用される細菌の殺菌を目的として、多数の病気の原因となる細菌の増殖を防ぐ効果があります。ジスロマックは、その他多くの病気の広い範囲の治療に使用することができる薬です。体内の細菌の発生を阻止することで、細菌による炎症の症状を改善することができます。また、細菌が増えるだけでなく、体の免疫システムが細菌に適応するのを防ぐので、炎症を早く抑えることができます。病気の原因となる細菌にのみ作用するため、体への悪化が少なく、2週間程度と早く回復するのも人気の理由です。

これまでのマクロライド系抗菌薬は、併用する薬との相互作用が多く、どの薬を使うのか、どの薬を同時に服用するのかに注意する必要がありました。ジスロマックは抗菌作用だけでなく、抗炎症作用もあるため、抗炎症目的でも使用することができます。ジスロマックは歯周病、マイコプラズマ肺炎、ほとんどすべての接触感染症の治療に非常に有用であることが分かっています。

薬理学的には、タンパク質合成阻害剤に属します。細菌のステップアップに必要なタンパク質鎖の高さを阻害することで、細菌の発生と増加を抑制します。クラミジア菌の場合、抗生物質が効くのは細胞解体の終期クラスの時だけです。この時に薬を飲み忘れ、薬がうまく機能しないと、抗菌の有用性が大きく低下してしまいます。

アジスロマイシンを有効成分とするマクロライド系抗生物質で、世界的な大手製薬会社であるファイザーが開発したマクロライド系抗生物質です。体内に長く留まる特徴があり、気道接触感染症、リンパ管・リンパ節接触感染症、クラミジア接触感染症、副鼻腔炎などに有効性が認められています。

タイトルとURLをコピーしました